2020年04月15日

コーヒーを淹れる時間、コーヒーを飲む時間を楽しんでいます。

FullSizeRender

サーバーは美しいフォルムのCHEMEXで、ドリッパーはHARIOのV60(02)を主に愛用しています。

IMG_4738

V60は円錐型で内部にスパイラルリブがあり、お湯が中心に向かって流れ、コーヒー豆全体を通過します。また、お湯が溜まらず流れる大きな穴があり、ゆっくり注ぐと濃厚な味に、手早く注ぐとスッキリした味になり、自在に調整できます。

FullSizeRender

ORIGAMIのドリッパーも使っています。縦溝とひとつの大きな穴で、速度を自由にコントロールできます。このところ出番が多いです。

IMG_4725

このドリッパーは、V60の円錐状のペーパーと、カリタのウェーヴフィルターが使えます。ずっとウェーヴフィルターで淹れていましたが、V60のフィルターもよりクリアに淹れられることに気づきました。

IMG_3855

1人分(300ml)を抽出する時は、V60だとお湯がはやく落ちてしまうので、「WORLD BREWERS CUP 2016」世界チャンピオンの粕谷哲さんのモデルドリッパーを使っています。

IMG_3805

リブが先まで届いていないので、お湯は留まりゆっくり落ちます。2人分だと時間がかかり過ぎるので、1人分専用です。

IMG_4720

バターコーヒーを飲む時はCores GOLD FILTERを使って、コーヒーオイルも抽出していましたが、最近はペッパーで淹れています。

FullSizeRender

ミルはカリタの「ナイスカットG」です。富士ローヤルの「みるっこ」と悩みましたが、よりクリアな味を追求するにはカット式のナイスカットGです。みるっこは臼式で断面が複雑に切り刻まれるので、柔らかく深みがでます。わたしは甘みと酸味を引き立たせ、後味をスッキリさせたいのでカット式を選びました。

FullSizeRender

ペーパーで淹れますが、プレンチプレスぐらいの粗めで挽き、じっくり丁寧に淹れます。雑味が出ないように、よりクリアな味にするためです。粕谷哲さんの「4:6 メソッド」はとても素晴らしいです。

FullSizeRender

これまでドリッパーにカリタのコーヒーポット用温度計サーモを利用してきましたが、すぐに冷めてしまうため、なかなか安定した水温を保てませんでした。

IMG_4767

いまは水温を1度単位で設定できる山善のコーヒードリップケトルを使っています。保温機能もあり、水温が1度でも下がると、再度、設定した温度に沸かしてくれます。

FullSizeRender

スペシャリティコーヒー豆は、そこまで細く落とす必要はありませんが、注ぎ口も細くドリップを調整できます。

FullSizeRender

ドリップ スケールはハリオです。毎回、安定した美味しいコーヒーを淹れるためにスケールは必須です。コーヒーの分量、抽出時間、お湯の量など、測れるものはすべて正確に測ります。コーヒー豆の焙煎具合や湿度など、同じ条件にはなりませんが、自分好みのレシピがわかるようになります。

FullSizeRender

水は白神山地の湧水です。超軟水で、硬度はなんと0.2ml。PHは6.6。純水です。スペシャリティコーヒーにはこの水しかないぐらい美味しくなります。

FullSizeRender

カップはORIGAMIのアロママグです。

FullSizeRender

底が厚く、飲口は薄い。アロマを引き出します。コーヒーが冷めて、3分の1ぐらい残ると、さらに甘みが引き立ち、カップでこんなにも違うのかと驚かされます。

FullSizeRender

スペシャリティコーヒーは至福の時間を演出してくれます。












go tanedaprojectsuara at 02:05│コメント(0)go taneda │

2020年04月06日

桜と芝桜。そして、ニリンソウは静かに力強く咲いています。

IMG_8173

家から徒歩30分のところにある荒川河川敷の桜と芝桜。

FullSizeRender

桜を愛でる。ほとんど人はいません。シートを敷くのも禁止していました。

FullSizeRender

板橋の都立赤塚公園。ニリンソウの自生地。3分咲きでした。きっといま見頃でしょう。


IMG_8198

小石川植物園の桜。もう散ってしまったかな…。

FullSizeRender

花は変わらず咲いています。












go tanedaprojectsuara at 00:00│コメント(0)go taneda │

2020年03月27日

325-26日と後立山連峰の五竜岳(2,814m)を歩いてきました。ここ数日、雪が降り続き絶景を堪能できましたが

IMG_7297

白馬三山。

IMG_7296

IMG_7301

IMG_7305

FullSizeRender

五竜岳。遥か彼方です。

IMG_7311

IMG_7345

IMG_7352

IMG_7697

鹿島槍ヶ岳のもうひとつの顔。また、この姿に会いたかった。

IMG_7366

IMG_7394

IMG_7913

FullSizeRender

本日のお宿は鹿島槍ヶ岳を望める西遠見山直下。

IMG_7912

五竜岳も目の前です。

IMG_7914

明日、歩く白岳(しらたけ)の様子を観に行く。振り返って、テント場を眺める。

IMG_7700

白岳。

IMG_7434

IMG_7439

途中、何度かお話しをした方が白岳をトラバースせず、山頂を目指しています。

IMG_7450

山頂に立つまで見守っていました。五竜山荘にテントを張って、翌朝、五竜岳を登頂した後に、唐松岳まで歩くとのこと。

IMG_7703

なんと夜景が見えました。

IMG_7704

明日、歩く五竜岳が浮かび上がる。

FullSizeRender

満天の星。

IMG_7541

朝は-5℃。

IMG_7537

IMG_7542

日の出。

IMG_7546

IMG_7705

本日は風が強いですが、いいお天気です。

IMG_7551

三脚を立てて、写真を撮っていた方がいました。今朝はあまり染まらなかったそうです。

IMG_7553

白岳。

IMG_7558

IMG_7559

IMG_7561

ラッセルラッセル。

IMG_7563

IMG_7580

白岳のトラバース。振り返って、自身の足跡を眺める。

IMG_7582

五竜山荘に着く。

IMG_7583

IMG_7584

IMG_7585

IMG_7586

唐松岳。

IMG_7589

IMG_7596

IMG_7597

IMG_7598

五竜山荘にテントを張った方が、ダガーポジションで下る。山頂直下は緩やかでした。

IMG_7601

IMG_7602

IMG_7603

IMG_7604

IMG_7606

山頂へ。

FullSizeRender

五竜岳山頂。

FullSizeRender

五竜岳山頂から望む「岩と雪の殿堂」剱岳。

IMG_7720

山頂から鹿島槍ヶ岳を後ろからも望む。

FullSizeRender

槍ヶ岳。

FullSizeRender

黒部五郎岳。

FullSizeRender

薬師岳。

IMG_7660

下山。凍った斜面を散歩するように軽快に登ってくる方。挨拶をする。

IMG_7694

今回、3年前に歩いた夏道のトラバースルートは吹き溜りの連続で歩けず、尾根沿いのルートを選びました。登りは下を見ないので怖くないのですが、下山の途中でルートがわからなくなり、いろいろ試してみましたが、無理はやめようと、下山中にお会いしたダブルアックスの原田さんと五竜岳から五竜山荘までご一緒してもらいました。


IMG_7668

いくつかの難所を超える。

IMG_7669

彼がいなかったら、下山できたかどうだか心から感謝しています。

IMG_7671

振り返る。

IMG_7672

ソロではじめて怖いなと感じました。人に頼らなければ歩けない条件下は歩くものではないですね。

IMG_7674

この経験を活かしたいと思います。また、彼と山で出会えますように…。


IMG_7688

テント場へ。テントを撤収して下山します。

IMG_7691

IMG_7692

IMG_7693

無事に下山できました。ありがとうございました。











go tanedaprojectsuara at 00:00│コメント(0)go taneda │