2021年04月03日


3月上旬。4年連続で登山口の鳩待峠までバスが運休している尾瀬ヶ原へ。ピッケルとアイゼンを使わない、また、1泊のところを2泊にして、余裕のある山行を計画しました。

3日間。カモシカに出会っただけで、誰にも会わず、電車も空いていて、沼田駅から鳩待入口(戸倉)間のバスは貸切りでした。

そして、四股はすごいと実感しました。食事と珈琲が、いつもの山ごはんより美味しく感じられました。

IMG_2336

初日は満天の星空の下で眠りました。

IMG_2337

日の出まえ。雲が燧ヶ岳を呑み込みそうで…その後、左に抜けていきました。


FullSizeRender

至仏山はモルゲンロート。

IMG_2339

至仏山の森林限界から望む燧ヶ岳と尾瀬ヶ原。

IMG_2340

尾瀬ヶ原を縦断中。小至仏山が姿をあらわして、至仏山は雄大な山容を魅せる。

IMG_2341

燧ヶ岳が見守る龍宮小屋。

IMG_2342

そして、尾瀬ヶ原の端っこ見晴(下田代十字路)まで歩いてきました。ゆっくり写真を撮り、食事や珈琲を楽しみながら3時間。小屋はまだ営業前でひっそりしています。

IMG_2343

日暈と至仏山。

IMG_2344

尾瀬ヶ原も春が近づいています。雪が溶けてまた固まりを繰り返して、波のような紋様を描きます。

IMG_2345

2日目の朝。テントが強風で飛ばされそうです。夜は月も星も出ていなくて〝漆黒の闇〟貴重な体験をしました。この世にこんな暗闇があるのかと思うほど何も見えませんでした。

そして、深夜2時頃から吹雪に…担いできた山道具をすべて酷使しました。帰りは強風のおかげで涼しく快適に歩けました。











go tanedaprojectsuara at 03:50│コメント(0)go taneda │

コメントする

名前
 
  絵文字