2005年08月

2005年08月22日

21日。BABY-Q Solo Dance「ERROR CORD /// pclost469hsholecp」の京都公演が無事終わりました。関係者、スタッフの方々の力で、音を奏でることに集中させていただき感謝しています。

今日は激しい雨と雷のなか、たくさんのお客さんに来ていただきました。東京からTaguchiでいつもお世話になっているサウンドエンジニアの重松さんが駆けつけてくれてびっくりしました。ほんとうに嬉しかったです。音場についてもアドバイスしていただけました。他にジャワ舞踊の佐久間新さん、ジャワガムラングループ・Marga Sari代表の中川真さん、そして、父と母にも観ていただける。

今回はメイヤーやエレクトリックボイスのスピーカーも使用しましたが、あらためてTaguchiのスピーカーの良さを再確認できました。これほど音の質感、テクスチャーを感じられるスピーカーはないのではないだろうか…その音質の違いは歴然でした。BABY-Qのダンサーやスタッフ、公演に関わってくれた人たちも、この音に感動してくれました。今回、Taguchiに無理を言って導入していただきましたが、ほんとうによかったです。我々にとってアウトプット(音響システム)は豊かな表現のための楽器です。音圧勝負のシステムは面白くありません。音の空気感が何よりも大切です。今回の舞台では以前、山田せつ子&枇杷系のリハーサルでお会いした土井新二朗さんが音響デザインをしてくれました。心強かったです。またご一緒したいです。天井にマイクを4本仕込んで録音もしてくれました。空気を取り込んだ音は最高でした。作品をDVDに落としていただくのですが、この音源を使っていただこうと思っています。

またいい出会いがありました。映像のROKAPENISの斉藤洋平さんと森田兼一さんです。主体性のある静かで力強い映像とても気に入りました。斉藤さんの舞台作品に対する姿勢もいい。東野さんが信頼しているのが伝わる。今後もご一緒できるのが楽しみです。しっかりコミュニケーションを取って、一緒に作品をつくっていきたいです。

開演前の音粒、最後の3分間は舞台に誰もいない音だけの世界。ほんとうに楽しめました。東野さんの踊り大好きです。もっともっと東野さんのなかに秘めている身体言語を引き出したと思っています。世田谷シアタートラムでの「ALARM!」- Zero hour edition -公演までちょうど1ヶ月。さっそく作品つくりを進めていきたいと思います。楽しみに待っていて下さい。

at 03:04│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2005年08月21日

20日。本日は「ERROR CORD /// pclost469hsholecp」のゲネと本番。ゲネはテストもかねて音を押さえぎみで奏でる。東野さんのダンスも弾けず自分自身に納得いかない様子。じつは純粋な通しはこのゲネがはじめて。通しで全体構成を感じて何度か壊し再構築したいので、今後はこの進め方では駄目だと思う。9月の「ALARM!」(世田谷シアタートラム)は作品を壊す作業をしたいと思っています。

初日本番。お客さんは立ち見もでて満員。とても嬉しい。本番はゲネとは比べ物にならないぐらい良くなった。お客さんが入ることで音は吸収されるので、質感を失わないようにゲネよりも強めに奏でる。もう少しメリハリができればもっといい感じになります。明日はさらに楽しみたいと思います。音楽家の平野砂峰旅さん、演出家の筒井潤さん、神戸ビレッジセンターの福島さんが観に来てくれました。昔から東野さんのダンスを観ている筒井さんからは、私の音で東野さんのダンスの言語(ボキャブラリー)がどんどん引き出され豊かになったと言っていただける。

明日は2日目ですが最終日。楽しみたいと思います。関西にお住まいの方はぜひ観に来て下さい。

at 00:30│コメント(3)トラックバック(0)go taneda │

2005年08月20日

19日。13~22時まで会場で休みなくリハーサル。音響プラニングはTaguchiのスピーカーをメインに、他のスピーカーはある瞬間に演出的に使用することで、昨日のサウンドチェックの問題点を改善できました。空気感を感じられるいい音が奏でられるようになりました。

豊田さんの音は私の音の質感とまったく異なるので、メイヤーのスピーカーをメインにして奏で、とても効果的になりました。いい感じです。明日(20日)は初日です。ぜひ体感して下さい。

8月20日(19:30)、21日(15:30)
BABY-Q Solo Dance「ERROR CORD /// pclost469hsholecp」
会場:京都芸術劇場 studio21(京都造形芸術大学内)
構成・演出・振付・出演:東野祥子
音楽:豊田奈千甫/種子田郷
音響システム:Taguchi
映像:ROKAPENIS
美術:Subterraneans/DESTROYED ROBOT
照明:柿嵜清和

客席上段でパフォーマンス(音を奏でています)しています。声をかけて下さい。会場でお会いできるのを楽しみにしています。

at 00:35│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2005年08月19日

18日。本日よりBABY-Q Solo Dance「ERROR CORD /// pclost469hsholecp」公演の会場である京都芸術劇場 studio21(京都造形芸術大学内)に入りました。

音響システムはTaguchiスピーカーをメイン(フルレンジ+サブウ-ハー)、舞台後ろにメイヤーのフルレンジとサブウ-ハー、客席の上段に天井からとエレクトリックボイスのフルレンジ、客席下(ひな壇)にエレクトリックボイスのサブウ-ハー、Taguchiスピーカーの後ろに東野さん(舞台に立つダンサー)の為のメイヤーのモニタースピーカー。

サウンドチェックの時にパワーに走ってしまい、音のテクスチャーを感じられず思い描いていた音が奏でられない。とても贅沢なシステムで調子に乗っていました。

Taguchiスピーカーはメイヤー、エレクトリックボイスとは全く異なる理念で音つくりをしています。それぞれ質の違うスピーカーをプラニングするのは難しい。明日までに少し整理したいと思います。

at 23:57│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2005年08月17日

16日。高円寺のStudio BABY-Qで「ERROR CORD /// pclost469hsholecp」のリハーサル。照明の柿嵜清和さんも参加。途中確認をしながら、はじめから終わりまで通す。まだまだですが全体が観えてきました。会場入りして詰めていきます。

煙巻ヨーコと初パフォーマンス。音で踊りも変わり、踊りで音も変わる。どちらも未知のものが次から次へと引き出される。パフォーマンスしながらドキドキしていました。本番を見逃してはいけない。ぜひ体感して下さい。

東京でのリハーサルは終わり18日に会場入りです。

at 04:39│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │