2005年11月

2005年11月22日

20日。「いぶき~奇蹟の大地~」のリハーサルを森山開次さんと宮崎秀人さんと行う。昨日と同じように、作品を細かく区切って、話し、踊り、音を奏で、構成を確認しながら進める。ここ数日で宮崎さんに大きな変化が生まれている。宮崎さんの華人としての存在はもちろんですが、森山さんの振付家としての才能を強く感じる。

この日の最後に通しリハーサル。さとうじゅんこにも観てもらう。やっと魅せられる段階にきました。これをスタッフ総見でやりたかった…少し悔しい。本番に向けてさらに仕上げていきたいと思います。まだまだ音も磨かなくてはいけません。

21日。新国立の小劇場に、私にとって、豊かな表現のための楽器である、Taguchiスピーカーが搬入されました。本日、はじめて今回の舞台(劇場の真中にステージがあり、左右にひな壇状に客席がある)を拝見しましたが、ステージ横の左右に2本ずつ、高さ1626mmのCMX1312が堂々と立っていました。

今回、Taguchiのサブウーファーも4本導入予定でしたが、会場の大きさから、新国立劇場の所有する大型サブウーファー(メイヤー)だけで、じゅぶん音つくりが出来ると判断しました。Taguchiの稲荷森さんが160Hzでクロスオーバー周波数をセッティングしてくれました。今後は私が音を奏で、サウンドチェックを繰り返して、本番直前まで音編集していきます。会場で音を奏でるのがほんとうに楽しみです。明日の照明つくりの時に音を奏でる予定です。

搬入後、リハーサル室で、森山さんと宮崎さんと通しリハーサル。昨日から何箇所か音を新しくしたので、確かめながら音を奏でる。良いところも悪いところも感じたが、お互いに高め合うことで、作品は日に日に良くなってきている。本番を楽しみにして下さい。

at 01:46│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2005年11月21日

19日。新国立劇場では森山開次さんとふたりでリハーサル。作品全体、踊り、音の構成をじっくり時間をかけて話し合い、踊り、音を奏で作品を構築していきました。ここ数日、苦しんでいた前半の音を、新しく仕上げて通してみる。いままでの私にはない未知の感触。森山さんの踊りにも躍動感が生まれる。宮崎秀人さんが尾瀬に行った時に録音してきてくれた音を、細かく切り取り、幾度となく磨き上げ、独自の空気感をつくることができました。宮崎さんともコラボレーションです。前半はこの空気感で舞台を会場を包みたいと思います。いつも思うことですが、あらためてコミュニケーションの大切さを痛感させられました。ふたりで確かな手応えを感じ大きく前進です。

リハーサル後に舞踊評論家の石井達朗さんと、西荻窪の遊空間「がざびぃ」に、神村恵さんの作品「I smell like fish.」を観に行きました(東京ダンスカフェ vol.3)。私がこれまで共演してきたダンサーとは、まったく異なる表現を追及している方で、とても興味深く拝見する。石井さんは私の音で神村さんの踊りを観たいと言ってくれました。会場でお会いした舞踊評論家の志賀信夫さんは「踊りが生まれる瞬間」をつくりだすとおっしゃっていました。神村さんとも少しお話しさせていただきましたが、自然体な人柄が舞台上からも伝わりました。来年、共演が実現するかもしれません。この機会を大切にしたいです。正式に決まりましたら発表させていただきます。

at 04:14│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2005年11月20日

17日。新国立劇場で「いぶき~奇蹟の大地~」の2回目のスタッフ総見。今回も本番のステージよりも小さめのリハーサル室で行う。距離感が変わると音も踊りも美術もまったく別物になるので難しい。また、前回のリハーサルで、華人である宮崎さんが舞台に立つ時間が長くなり、構成が大幅に変わってから、まだ全体の構成が掴めていない中での通しリハーサル。

今回は緊張感が生まれていた前半の音をゼロにして、まったく新しい音楽で構成しました。フィールドレコーディング+《間》の世界の音楽。《間》は具象音とさとうじゅんこのヴォイスで構築。しかし、声の力が強く森山さんの踊りが浮かんできませんでした。前半の流れを引きずって、中間、後半とまったくかみ合わず、最後も意図しない音を奏でて、作品として成り立たなかった。終了後はず~んと重たい空気が漂う。音が原因。

総見後に、森山さんと長時間打合せ。とにかく前半を軽い空気感で魅せたいと話す。《間》の世界も音を詰め込み過ぎていたと感じる。また、音素材としては使うが、フィールドレコーディングそのままで構成しないことに…。今回はぎりぎりまで苦しんでいますが、最終的には余計なものを削りシンプルで力強いものにしたい。

19日は森山さんとふたりでしっかりコミュニケーションを取りながらリハーサルの予定です。これまで、私と森山さんの勢いで何とか持っていっていましたが、作品が大きくなるにつれて、いろんな方が関わってきて、それだけでは通用しないと痛感しています。今後のためにもこれは試練だと思っています。いい作品にします。

at 03:38│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2005年11月18日

16日。池袋の自由学園・明日館の講堂へ、能美健志さんとテリー・ライリー氏のコンサート「ビ-ト経文:テリー・ライリーとビート詩人たち」を聴きに行きました。11月新国立劇場でご一緒する高田みどりさん(能美さんがコラボレーションする打楽器奏者)が参加されていました。池袋にこんな素敵なスペースがあるなんて驚きました。フランク・ロイド・ライト氏が設計した大正11年の建物で、国の重要文化財に指定されています。今回はホールではなく講堂だったのですが、入った瞬間に「何かやりたいね~」と能美さんと話す。

テリー・ライリー氏といえば、「In C」をはじめミニマル・ミュージックの先駆者ですが、その内なる静かなエネルギーは凄みさえ感じさせ、その自然なたたずまいは、ミニマル・ミュージックという言葉だけでは語ることができないと思いました。70歳になっても、楽しみながら音を追求する姿とても美しかったです。

コンサートの最後に、テリー・ライリー氏、デイヴィット・タネンバウム氏、西陽子氏(箏)、石川高氏(笙)、そして、高田みどりさん(打楽器)の演奏。高田さんはソフト・ロックなんて言っていましたが…ライリー氏の歌声はほんとうに力が抜けていて面白かったです。生演奏を聴けてよかったです。

さぁ私は新国立劇場の音を仕上げないといけません。

at 05:14│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2005年11月16日

14日。新国立劇場で森山開次さんと宮崎秀人さんとリハーサル。照明家の小笠原さんも参加。前回のスタッフ総見から構成が大幅に変わりました。華人である宮崎さんの存在が作品のキーになります。本日は森山さんが作品協力した、映画『乱歩地獄』内「火星の運河」の映画監督・竹内スグルさんが見学に来ていました。リハーサル室のスピーカーでしたが、音を体感したと言っていただけました。本番も観に来るそうなので、リアリティのある音を体験していただこうと思っています。

通しリハーサルの後、小笠原さんと音と踊り、照明の関係性について話す。私の音と森山さんの踊りは空気感を大切にして、その質感を魅せることに徹する。私の音には徹底した時間軸がありますが、そこが伝わらないと照明プランが難しいと言われる。照明も空気感で構成したらどうなるのだろう。メリハリがなくなり面白くないだろうか?17日の第2回スタッフ総見までに、時間軸がわかる図形楽譜を用意しようと思います。

電子音楽の作曲家は、記譜すると同時にプレイヤーであることを意識する必要がある。舞台芸術に限らず、演奏する時は、音響アウトプットにも意欲を持ち、音の空気感を大切にしなくてはいけないです。今回の新国立劇場でも、Taguchiの音響システムを導入して、ライヴパフォーマンスで音を奏でます。ぜひ会場に足を運んで体験して下さい。

深夜に森山さんから音構成について電話がある。前半は緊張感が生まれていいと感じていましたが、構成を壊して、後半に持っていこうと…。前半はこれまでの森山さんの作品では、奏でたことがない質感で構成することになりそうです。私にとって大きな挑戦ですが、大いに楽しもうと思います。再構築です。

at 01:38│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │