2008年04月

2008年04月17日

4月6日。清澄白河にある東京都現代美術館に行く。川俣正氏の「通路」展 の通路カフェで、私のCD作品を取り扱っていただいているウィ・ディストリビューションの山崎さんのバンドが演奏するとのことで遊びに行きました。ジンバブエの太鼓ンゴマが9つ。本来は棒のようなもので激しく打ち演奏される楽器なのですが、彼らは指先や手を使って静かに刻んでいました。カフェに辿り着くまでに彼方から聴こえる太鼓のアンサンブルがとても心地よかった。

山崎さんのほかに先日の「森のサカナ」公演に来てくれた黒木さん。私の新作CD「vision in black」の素敵な感想を聞かせてくれたダイナマイトバッハレーベル主宰で文筆家の直崎人士さん。他にフリージャズでクラリネットやハーモニカで演奏活動するふたり。そしてダンサーがふたり。ひとりのベリーダンサーの方は、先日の「Flowers'」公演を舞踏家の伊藤虹さんと観に来てくれていたAsahaさんでした。いろいろ繋がってきているな…と、嬉しかったです。

はじめの演奏後に、次の演奏まで時間があるとのことでしたので、皆で美術館の隣にある公園の芝生で遊びながら演奏。青空の下はとても開放的で気持ちよかったです。その後、再び通路カフェでの演奏でしたが、先ほどの演奏とは比べられないほど音がすっと身体を通り抜ける感覚がありました。山崎さんもごくごく自然な身体になり音を奏でていました。いつも我々は公演をするために、よりいい空間を求め探し続けていますが、野外に勝るものはないのではないでしょうか。野外には天候や電源など大きなハードルがありますが、近い将来、野外での公演を実現させたいと強く感じました。

しかし、東京都現代美術館の空間の文脈はほとんど感じられなかった。常設展で岡本太郎氏の巨大壁画「明日の神話」を展示していたのですが、場の力がなく、作品からはあまりエネルギー感を感じることができなかった。メキシコのホテルで観ていたら違う印象だったと思う。ここに足を運ぶ人は何かを求め来ているのでしょうが…今回は「通路」展があったのでたまたまなのだろうか?やはり、音楽も美術も場の空気感が大切なのだと感じました。

at 18:41│コメント(1)トラックバック(0)go taneda │

2008年04月10日

3月29日。今日は渋谷を歩く。途中、冷たい雨が降ってきました。現在、3月21日にリリースした新作CD「vision in black」を、タワーレコードやHMVの店舗で試聴機に入れていただいていますが、以前、音質面で問題があったハイライト用のCDを、CD-Rを太陽誘電製にコピーを旧Macで行ったところ、音の質感はクリアーできたので、渋谷のタワレコとHMVのバイヤーさんに手渡しに行きました。また、前作CD「sketch 2006」をNADiff(NADiff moderngallery 5)やwarszawaでお求めくださった方がいたのですが、いまだ取り扱っていただいていなかったので前作と新作を納品してきました。お近くに行かれた際には立ち寄ってお求め下さい。

本日は各店舗の担当者やバイヤーさんとお話しができとても有意義でした。あるバイヤーさんの一人に、無音が徹底的に構成(作曲)されているのがとても印象に残ったと言って下さいました。みなさん新作をしっかり聴いて感じていただけているようで、今後、じっくり展開していただけそうです。感謝です。なお、HMVではnew ageのようなコーナーがなく渋谷店では3Fフロアの「rock / pops」に置いていただいているのですが、その中の「electronica」コーナーになるのですかとお聞きしたところ、「electronica」には置きたくないとのことで、担当の清水さんが一押しのコーナーをつくり、その中に新たに「psychedelic / avantgarde」というものを設けてくれていました。音楽にジャンルなんて必要ないと思うが、CDショップにはなくてはならないもの。それならば…新しいジャンルの先駆者になろうと思っていました。まぁ「psychedelic / avantgarde」は昔からありますし違うだろうと思いますが、私のためにとても嬉しいことでした。

帰りにタワレコの新宿店にも試聴用のCD-Rを持って行きました。お世話になっている池田さんに託しました。店舗にはパネルを展示していただき、「intoxicate」の記事も展示していただいていました。今後の展開では、前作のCD「sketch 2006」も試聴機に入れて展示していただけるとのこと。前作は2006年11月にリリースした際も、約半年間も試聴機に入れ続けてくれました。これまでほとんどないケースだと思われます。ほんとうにありがたいことです。両作品が試聴機に入りましたら、またご報告させていただきます。前作もより多くの方に聴いていただきたいです。

3ca17ea6.jpg

TOWER RECORDS 新宿店9F new age


その後、ディストリビュータの山崎さんに、現在、試聴機に入れていただいているタワーレコードの大阪(2店舗)、京都、神戸、静岡の店舗用に試聴用のCD-Rをまとめて送ったところ、ハイライトだと作品の空気感が伝わらないのでは?そこが他の作品とまったく異なるところではないのか?とお返事をいただきました。さらに「はじめの一音で、はじめの十秒でその作品の良し悪しがわかる。ハイライトだと美味しい音は詰まっているが、作品全体のイメージを決定づける≪間≫がまったく見えてこない。誤解されてしまうのでは?」と…。それはその通りだと思う。私もはじめて触れる作品ははじめの一音で作品全体の空気感を感じる。なかなか難しい。

その後、店舗のことを誰よりも熟知しているタワレコの池田さんと話しあった結果、オリジナルよりも試聴用のCD-Rの方がやはり店頭では効果的だという結論がでました。店頭では他の様々な音が鳴っており完全には集中できない環境。試聴される方は作品全部を通して聴かず早送りで飛ばしながら聴く。あくまでも店頭展開はほんとうの私の表現を伝える場というよりは、より多くの人にその仕事を知ってもらう機会を創出し興味をもってもらうこと。より多くの人に足を止めてもらうには、やはりハイライト盤ということになりました。

なので、これから試聴される方は、最後のトラックに入っている本編のはじめの一音、はじめの十秒を聴いて作品全体を感じて下さい。また、試聴機では高域や低域も厳しく、中域もしっかり感じられるものではありませんが、ご興味を持っていただけましたら、ご自分の環境で静かに感じていただければと思います。また、舞台やコンサートなどで生の音にも触れていただけると嬉しいです。

新作CD「vision in black」ですが、REAL TOKYOでコメントを掲載していただいています。また、4月15日発売のサウンド&レコーディングマガジン5月号でも取り上げていただく予定です。こちらもどうぞよろしくお願いします。

at 20:21│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2008年04月04日

3月24、25日。半蔵門のTOKYO FM HALLに能美健志&ダンステアトロ21の新作公演「LISSAJOUS」を観に行く。会場は天井も高く響きもよくて音を奏でたいなと思った。

24日。初日。前日が徹夜だったのもありますが、定番のクラシックの曲に能美健志さんと軽部裕美さんデュオダンス作品だったのでしっかり感じることができませんでした。2004年に共演してからこれまで3作ほどご一緒してきたので、正直、次はこれなのかという気持ちも少しはあったのかもしれません。公演後に能美さんや軽部さんと話し最終公演も観ることになりました。帰りは衣装デザイナーの川口知美さん(COSTUME80+)とご一緒しましたが、本公演の衣裳も素敵でした。いまとても忙しいようですが、川口さんの舞台に対する姿勢を考えると当然だと思う。

25日。夜の最終公演にさとうじゅんこと伺う。今回は心構えもあったので、しっかり踊りを感じることができました。音楽は生演奏のピアノでデュオのダンス作品。何から何まで徹していてこれはこれでよかったのだと思いました。近年、新しいことに挑戦してきて、次に向かうために、いま一度、原点に戻ることが必要だったのだと思います。それでも楽曲に関してはもう少し構成してもよかったと感じましたが、軽部さんの静かで力強い身体に触れることもでき楽しい時間になりました。次に能美さんがどこに向かうのか何を魅せてくれるのか楽しみです。またいつかご一緒できる日までお互いに高めていければと思います。

at 16:10│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2008年04月03日

3月23日。四谷のコア石響に岡佐和香さんの舞踏ソロ公演「月の下、泥花の咲く頃」を観に行く。地下にあるライブハウスのような空間。音楽は生演奏でチェロのMITUKOさんとピアノの清水一登さん。やはり舞台作品での演奏者の身体は難しいと思うが、岡さんがこれまで音楽家とセッションで築き上げてきた作品なのだと思いました。作品は岡さんの真っ直ぐな“いま”が奏でられていて心に届きました。そしていい声でした。美術の松尾宇人さんの月も美しかった。

公演後に岡さんとお話しできましたが、能楽師の津村禮次郎さんのワークショップを受けていたそうで、私が津村さんと三宅流さんのドキュメンタリー映画「面打」のイベントで競演したパフォーマンスを(先日の青山円形劇場で公演した作品「Flowers'」も観に来ていただきました)観ていただいていました。まぁあの時はサウンドシステムのトラブルがあって津村さんに完敗だったのですが…。いつかご一緒に靜の空気感で作品をつくりたいと思いました。今後がとても楽しみです。

at 23:19│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │