2008年07月

2008年07月22日

17日。目黒パーシモン少ホールにて「~文字のひびき~」公演。さとうじゅんこと古川瑞枝さんがリハーサルで構成や演出を手がけているのを客観的に見ながら手伝う。照明もどんどん決まっていく。ここはスタッフもしっかりしていていいホールです。いつか自身の公演でも使ってみたい。演奏者が徐々に集まり音のリハーサルも進めていく。私も歌い手2人とクラリネット奏者3人とのAGUNSという作品で音を奏でるのでリハーサルにも参加する。感じられるか感じられないかという繊細な音の気配をデザインする。あっという間に開場の時間を迎える

本番。モニターを見ながら舞台袖で出番を待つのは久しぶりの感覚。着々と進行し出番。客席から向かって左手奥にラップトップとオーディオインターフェース、アンプとスピーカーを机に配置。スピーカーは平面波動板ユニットを使い360℃に音を奏でる。左手手前には演奏者と歌い手。客席にはほとんど聴こえないかな…と思っていましたが、本公演の撮影をお願いしていた三宅流さんが客席の一番後ろにいて感じられたと言ってくれました。

最後の演目HARAKIRIは客席の後ろで聴く。本来、木こり役の中西勝之さんは歌い手ですが、今日は斧を振り上げて薪を割る。この作品でとても大切な音になる。さとうは胡座をかいて静かに力強く語る。声を張るのでほとんどマイクで拾わないであくまでも自然な感じにする。本番ではさらにマイクから離れていたようです。いいバランスでした。作品では古川さんが精神でさとうが肉体。途中、さとうが胡座姿で後ろを向くのですが、後ろ姿で語れるんだ…と感心する。なかなか面白い作品でした。今後も公演する機会があればさらに面白くなると感じる。

今日は三浦秀彦さん作のソフトウェアをはじめて本番で使用しました。サイン波を20本立てて少しづつ周波数をずらしバイブレーションを生み出しました。ほんとうにやさしく包み込むような音をつくることができました。今後もどんどん活用してバージョンアップしていきたいと思います。いろんな可能性を秘めたソフトです。三浦さんに感謝です。

今回、古川さんのお母様がオブジェ(照明)や衣装をつくられ、お姉様がフロントを担当するなど、家族の力が公演を実現させたのだと思います。またさとうじゅんこの存在も大きかったと感じます。このような公演に参加させていただいたことに心から感謝します。とても楽しかった一日でした。

at 22:16│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2008年07月16日

雨の少ない梅雨。猛暑。こんな季節は手づくりジンジャーエードをいただいて乗り切りたいと思います。

f336efa5.jpg


明日(17日)。さとうじゅんこが目黒パーシモン小ホールで開催される現代音楽のコンサートに出演します。私もちょこっとサウンドデザインで参加します。さとうじゅんこの芸大時代の友人で歌い手の古川瑞枝さんが7~8年間ほどイタリアとスイスに留学をしていたのですが、帰国後の初リサイタルです。今回、さとうじゅんこは構成・演出も手がけ、連日リハーサルで大活躍でしたが、明日いよいよ本番を迎えます。今月26日に公演するproject suaraの「PARADISO」同様、第24回<東京の夏>音楽祭の関連公演です。

古川瑞枝 Voice Performance

~文字のひびき~

◎日時:2008年7月17日(木) 開演19:00
◎会場:目黒パーシモン小ホール
◎チケット:全席自由 \2,000

◎プログラム
・CKCKC ?・? (1Vo,Md) : G.Scelsi
・AGNUS (2Sop,3Cl) : L.Berio
・HARAKIRI -音楽つき舞台- (1Rec.2AltFl.1木こり) : P.Eotvos

◎出演者:
古川瑞枝(Sop)、さとうじゅんこ(Sop)、西田宏美(Cl)、濱崎由紀(Cl)、
加藤明久(Cl)、田附由美(Fl)、上野義巳(Fl)、中西勝之(木こり)

◎チケット申し込み・問い合わせ
花種
WEB: http://www.milmil.cc/user/kasch/
TEL: 042-493-2213
MAIL: kasch‐miz@mail.goo.ne.jp

ご来場お待ちしております。

at 16:41│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2008年07月13日

9日。suaraスタジオで「PARADISO」のリハーサル。ヴォイスのさとうじゅんこ、トランペットの川村祐介さん、美術とプログラミングの三浦秀彦さん、そして私が参加。曇り日のリハーサル。音つくりをはじめたころからずっと湿り気を感じさせる音も追究している。香り立つ音も奏でたい。音はいろんな可能性を秘めていると思う。26日の公演では繊細な音をシンプルに奏でたい。

c4f96df7.jpg


今日も三浦さんが新しいパッチを持って来てくれました。さっそく音を構築していく。もうひとつどうしても欲しかったフィールドレコーディングや演奏した音素材を自在に奏でられるもの。さくさく動く。う~ん…ほんとうに軽い。驚きです。三浦さんありがとうございます!いい音がたくさんつくれそうです。また前回からバージョンアップされたパッチもより細かく音つくりできるようになりました。先日からフェーダー系のフィジカルコントローラーでも演奏してきましたが、これまでなかなか簡単にはできなかったうねり感がどんどん生まれてくる。だんだんコントロールできるようになってきました。嬉しいです。

三浦さんは過去にヤマハで楽器のデザインを手掛けていましたが(現在はソニーなどでも開発もしていらっしゃいます)、「楽器をつくれて嬉しい」と屈託な笑顔。これまでもご一緒に作品つくりをしてきましたが、今後もさらに高めていけそうで嬉しいです。いい音をつくりたいと思います。

全員で音を奏でながら全体の構成を決めていく。自身だけで完結しないように…とても楽しい時間。面白くなってきましたが、まだまだこれからといった感じです。次回までに個々で磨いていきたい。皆さんにぜひ「PARADISO」を体感していただきたいです。楽しみにしていてください。

at 14:31│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2008年07月02日

29日。suaraスタジオで「PARADISO」のリハーサル。さとうじゅんこ、三浦秀彦さん、川村祐介さん、そして私が参加。今日のリハーサルも雨模様。公演は7月26日なので真夏です。また開演は14時なのでもっとも暑い時間になります。その日のお天気にもよりますが、会場に入った瞬間に夏の思い出になるようなスゥーと気持ちよくなる演出をしたいと思っています。

今日は三浦さんがつまみ系のフィジカルコントローラーを持参して新しくパッチをつくってきてくれました。さっそくバージョンアップをして音を奏でてみる。確かにマウスとは異なる感覚。マウスパットともぜんぜん違う。まだまだコントロールする感じではありませんが新しい音が生まれる予感。全員で大まかな全体構成で時間を短縮し音を奏でてみる。構成している部分もありますが、まだ手探り状態なのでその場で音を構築するまでにはいかない。しかし、とても自由度があり楽しい。少し構成のことを話し合い、フィジカルコントローラーの演奏を確かめる。次は30分強で音を奏でる。少しずつかたちになりつつありますが、まだ自分がやりたいようにやっているだけなので、次回までに個々で構成をしっかりつめていきたい。本作品は音だけではなく、三浦さんによる映像でも構成の切り替えを積極的にやっていきたい。

最近、私はトランペットの音色に触れる機会が多々ありますが、息にも声にもなるトランペットの存在が好きです。川村さんとご一緒できるの楽しみです。本公演は入場を制限して、皆さまにリラックスしてお過ごしいただけるよう、また出演者と一体になるような舞台にしたいと思っています。チケットのお申込みはお早めに…ご予約お待ちしております。皆さまとご一緒できるのを心より楽しみにしています。

at 23:09│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │