2008年11月

2008年11月13日

8日。デジタルアートフェスティバルでご一緒したフランスのアニメーション作家Pierre Jean GILOUXさんが14日に帰国するので、ジルーさんとそのパートナー、そして、TWSの鬼頭さんと会食しました。先日、ジルーさんたちは京都に行っていたそうですが、東京にくらべ静か過ぎて落ち着かなったそうです。東京はエネルギーのある都市だが公園は静かで素晴らしい。東京が好きだと言っていました。パリの公園はとてもうるさいそうです。今月下旬にパリに行くのでとても楽しみですが、暮らしていると見えてこないものがあるのだな~と思いました。

のんびりしていたらあと10日で森山開次さんと津村禮次郎さんとパリ・ローマ公演です。パリ公演にはジルーさんたちも観に来てくれますが、日本でご一緒した(暮らしていた)ことのある映像作家のLudovic Xasderaさんとも会えます。楽しみです。

今回のデジタルアートフェスティバルで発表したジルーさんの作品「Welcome'S Diams Island」。ジルーさんは私の音楽をとても気にいってくれましたが、私もはじめからイメージがある映像に音楽をつくるという貴重な経験をしました。たったひとりで3Dのアニメーションをつくるというのはほんとうに大変なことです。彼が伝えたかったメッセージが少しでも届いていると嬉しいです。またご一緒できる日を楽しみにしています。

ジルーさんとパートナーはともに日本酒を気にいって味わっていました。お箸の使い方もとっても上手ですっかり日本通です。私もパリに行く前に言葉はもちろん少しパリというものを学んでから行きたいと思います。

at 01:26│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2008年11月07日

3日。大塚にあるマスミアートスペースMUROに舞の岡佐和香さんと光の松尾宇人さん、そして笛の雲龍さんの響楽舎 うたまひもののひびきあひ 【初の段】 Kyokyo Rairai / 虚去蕾来を観に行く。

MUROのスペースに和がいっぱい…心地いい。オープニングの笛の倍音に感銘を受ける。能管のようなスピードとエネルギー感があり波動波のようでした。松尾さんの照明は今回もフェーダーをリアルタイムで繊細にコントロール。このスペースでは人のぬくもりを感じさせる明かりがいい。岡さんは舞はシンプルに徹していて好きでした。時間を感じさせないいい作品でしたが、聴く観る感じる側に何かをイメージさせるというのが少なかったと思いました。わかりやすいというのは決して悪いとは思いませんが…もう少し隙間を魅せることで個々の強さや調和が生まれさらに面白くなると感じました。

MUROはほんとうにいいスペースです。梁と漆の質感が素晴らしい。ここでいつか音を奏でたいと思っています。

at 23:40│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2008年11月06日

2日。新国立劇場で森山開次作品集「OKINA」「弱法師 花想観」「狂ひそうろふ」の三部作の通しリハーサル。

まずYAS-KAZさんが音楽を担当している「狂ひそうろふ」。今日はセネガルのドラマー三人は参加せず録音で行われる。私は拝見しなかったのですが森山さんは激しく踊るらしい。衣装も派手な感じで祭りのような空気感か…楽しみです。

次に笠松泰洋さんが音楽を担当し木之脇道元さんがフルートを奏でる「弱法師 花想観」。今日は録音でしたがメロディを中心に構成されている。まだまだ踊りが重い感じ。花が散るような軽さが出るともっと面白くなりそうです。

最後に私が音楽を担当している「OKINA」。今日はYAS-KAZさんの要望もあってメイヤースピーカーをプラニングしていただきました。まだ手探り状態のなかライブパフォーマンスで音を奏でたので少し大変でしたが、津村さんの唄いも自然に響き渡りとてもいい感じ。音も作品全体のバイブレーションを感じることができ楽しみながら奏でられた。木之脇さんも面白いと言ってくれた。しかし、細かい音つくりがまだまだですしこれからどんどん変えていこうと思う。

今日は音楽を担当する三人とフルートを奏でる道元さんが参加してとても楽しかった。新国立劇場の音響家・吉澤さんにも会えて嬉しかった。音つくりに集中したいと思います。

at 22:09│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │