2010年05月

2010年05月26日

CDの作品つくりにも大いに関わるフィールドレコーディングの旅の記録を、blogに少しずつUPしていきたいと思います。

4月(…といっても去年の)。はじめて憧れの沖縄に行きました。沖縄音階はガムランのペロッグ音階に似ていて「あぁ繋がっていたんだな…」と感じることができますが、その音色に触れると涙腺が弱くなります(特に奄美に弱いです。鹿児島ですが…)。いままで行ってなかったのが不思議でもあります。

東京から一気に沖縄へ。途中、真っ白な富士山を望む。いつ見ても富士山は力強い。

IMG_0012

沖縄について首里へ。さっそくお食事。店の駐車場から裏門を通るとゴーヤが迎えてくれる。

IMG_0022

南国の空気で包まれた庭を楽しみながら琉球料理を食べる。

IMG_0031

IMG_0026

室内も美しい。

IMG_0041_2

近くにあった沖縄県立芸術大学のガムラン室を観に行く。芸大のガムランクラブでご一緒していた音楽家のヤカマキコさんも通っていたのかな。

IMG_0048

首里の御嶽(沖縄の聖地)

IMG_0021

首里城の裏門

IMG_0061

首里城裏にある円覚寺。裏側はほんとうに静かでいままで聴いたことのない鳥の鳴き声を録音する。

IMG_0056

弁財天堂

IMG_0074_2

円鑑池には見たことのない大きな鴨?(南国サイズ?)の親子

IMG_0071_2

南国の木。強く美しい。

IMG_0065_2

IMG_0085_2

ホテルで一息

IMG_0107

夜の国際通りを散歩しライブを体感する。皆、やはり最後に踊る。音楽は楽しむものと教えてくれる。

IMG_0090_2

帰りは雨が降る。静かな住宅地でこれまで聴いたことのない蛙が一匹鳴いている。雨を感じながら耳を澄まし録音。最後に記憶に残る音に触れることができ幸せな初日だった。


go tanedaprojectsuara at 00:15│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2010年05月25日

随分ご無沙汰しておりましたが元気にしております。ここ数ヶ月間は2枚の新作CDの制作に没頭しております。構想も含めると4枚のCD。

まず今年中に2枚のCDをリリースし、あとの2枚も今年度中には発表できればと思っております。その次の作品もすでにイメージがあります。

後世に残る力強い作品をつくります。

go tanedaprojectsuara at 22:36│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │