2010年06月

2010年06月12日

最寄り駅から自宅に帰る途中、いつも見守ってくれている香取神社の前を通ると…茅の輪があった。夏が近づいています。

IMG_7040

「茅の輪くぐり」は正月から半年間の罪穢れを祓う夏越しの大祓に使用され、茅草の輪をくぐると疫病や罪が祓われるとされているそうです。

うん。後日くぐろうと思います。



go tanedaprojectsuara at 07:55│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2010年06月11日

6月8日。6月19日に公演する「四谷怪談」の会場である東京文化会館小ホールに、音響デザイナーの小林高治さんと、せきれい社の大西さんとで視察に行く。

IMG_7026

IMG_7029

天井が高くとてもいい響きの空間。今回もTaguchiの音響システムを導入しマルチトラックでプラニングします。

IMG_7027

本作品はフルート、ピアノ、チェロ、そして朗読と音がギュッと存在していますが、音の空気感や音の気配で「間」を感じさせたいと思っています。楽しみにしていてください。




go tanedaprojectsuara at 01:04│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2010年06月10日

また今年も富良野のファーム富田から送っていただいたラベンダーの苗が美しく花を咲かせました。

IMG_7004

香りはもちろんですが、眺めているだけで心豊かになります。太陽のエネルギーを浴びて、天に向かってどこまでも伸びていきそうな力強さです。

IMG_7009

これからやって来る梅雨と関東の暑い夏を乗り切って欲しいです。そろそろ剪定しなくては…。




go tanedaprojectsuara at 23:57│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2010年06月06日

益子から日光に…グルマンズ和牛で贅沢なステーキのコースをいただく。

IMG_1427

そして霧降高原へ。名前の通り霧が降り注ぐ。

IMG_1433

霧の中を2つリフトを乗り換えて山頂近くに向かう。

IMG_1443

リフトを降りて霧のなか山頂を目指す。

IMG_1448

丸山頂上は1689m。

IMG_1451


IMG_1460
山々はいろんな顔を魅せる。霧にやさしく包まれながら静かな空気感を録音する。湿気を帯びた音…潤いのある音…すべてをやさしく包み込む音をつくりたい。

IMG_1481

霧のなかを下山する。

IMG_1521

木々も嬉しそうだ。小鳥たちの微かな鳴き声。耳を澄まし録音する。録音するという行為が耳を澄まし感じることを思い出させてくれる。

IMG_1539

誰も乗っていないリフト。

IMG_1569

霧のなかを進む。

IMG_1551

どこか異次元のようなところ。

IMG_1556

自然のなめこ。

IMG_1561

リフトで下りきったところに、まだ季節には少し早かったニッコウキスゲが咲いていた。

IMG_1573

車で移動し日本の滝百選にも選ばれている霧降の滝を望む。集音マイクを使って遥か遠くから、ホワイトノイズとはまったく異なる生きた滝の音を録音する。

IMG_1581

最後に日光の猿が顔を出してくれた。日光はなかなか面白いところです。

IMG_1589

この旅がきっかけとなって山に魅かれ、本格的な登山をはじめることになる。山は心も身体も静かにさせてくれる。次回からは登山のフィールドレコーディングの旅をUPしたいと思います。



go tanedaprojectsuara at 01:00│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2010年06月03日

しばらく制作に没頭しておりましたのでblogを控えていましたが、先月下旬からCDの作品つくりにも大いに関わるフィールドレコーディングの旅の記録を少しずつUPしています。2008年にリリースした「vision in black」にも北海道の旭川で録音した砂利道を歩く音や虫の音、富良野で録音した列車の音などを構成しました。その後、全国で感じた音たちを大切にあたため作品を制作しています。新作CDを楽しみにしていてください。

今回は去年の5月〜6月にかけて収録した、栃木県の益子の旅と、日光の霧降高原の旅です。

朝早くから車で益子に向かう。去年(正確には一昨年)も益子の蛙の合唱を収録しましたが、今年も蛙の声を求めて益子に来ました。益子に入るといかにも雨が降り出しそうな田んぼが迎えてくれました。これは期待が持てます。

IMG_1238

スターネットで昼食と珈琲タイム。ゆったりした時間を過ごすことができました。馬場さんとお会いすることもでき嬉しかったです。

IMG_1241

IMG_1246

その後、藍染め工場で布を求めました。自然の色。心落ち着きます。

IMG_1272

IMG_1271

IMG_1267

益子を見守る西明寺へ。

IMG_1276

階段を登り。

IMG_1303

楼門へ。雨が降り出し桜門を伝って雨音がリズムを奏でる。心静かに感じて録音。

IMG_1293

雨が降り田んぼは潤う。蛙が一匹鳴く。

IMG_1308

今夜はフォレスト益子に泊まります。夜のフィールドレコーディングの前にフランス料理のレストラン「リス・ブラン」でお食事。夢のようなスープをいただく。

IMG_1319

最後ははじめての食感のふわふわデザート…美味しかったです。

IMG_1343

集音マイクを片手に夜の田んぼに出かけます。蛙のエネルギー感か感じながら何時間も録音していました。静かな夜です。川の近くは特にすごいパワーでその生命力に圧倒されました。いい作品がつくれそうです。

IMG_1365

ベットではずっと蛙の合唱が響いていました。幸せでした。

翌朝、「リス・ブラン」で朝食を…またまた夢のようなスープをいただき笑顔全開です。

IMG_1373

IMG_1370

益子の原生林を歩く。いろんな種類の鳥たちが警戒心からか集まって来て頭上で鳴く。録音。豊かな木々です。

IMG_1407

益子はほんとうに素敵なところです。また行きたいと思います。

IMG_1413

そして日光へ…。



go tanedaprojectsuara at 22:37│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │