2011年06月

2011年06月07日

3日(金)。オペラシティリサイタルホールで開催された「木ノ脇道元作品演奏会」が無事終わりました 。たくさんのご来場ありがとうございました。 

13時半に会場入り。fly-soundの福岡さんと福岡さんのアシスタントの岸本さん。会場まわりを担当していたふたりの学生さんがすでに音響システムのセッティングを終えてくれていました。感謝いたします。ピアノの調律後にサウンドチェック。 卓はallen&heath。今日は福岡功訓さんと音つくり。
IMG_3408
メインスピーカー8cmのフラット(平面波)ユニットが16発のものを前方左右1本ずつ。このスピードとエネルギーはリアルな音の空気感を実現してくれる。
IMG_3128
48cmと38cmのウーファーを前方に左右2本ずつ。作品「あっちの岸」のために福岡さんに増強していただく。
IMG_3127
38cmウーファーの上にメインスピーカーをセッティングすることで、最前列から最後列まで音を届けることができる。
IMG_3126
後方にREXスピーカー。わたしもはじめて音を奏でるREXの最新バージョン。
IMG_3122
上下6つフラット(平面波)ユニットで構成されている。
IMG_3123
ユニットは大小8cmから30cmを配置。
IMG_3124
指向性の音がおわんをひっくり返した様な反射版に当たり360度に音を奏でることができる。極致のアンビエントスピーカーです。
IMG_3125
まとめて多くの時間を取ることはできませんでしたが、しっかりサウンドチェックの時間を取ってもらえるように考えていただいていて、最後の最後まで音つくりに集中できることができました。木ノ脇さん、花田さんありがとうございました。

ゲネプロ。わたしが参加する「Ascender」「あっちの岸」。「Ascender」では、わたしの音が木ノ脇さんの繊細なフルートの音色をマスキングしないよう全体の音を感じながらボリューム演奏する。岸本友恵さんに聴いていただきアドバイスを受ける。岸本さんにはON-COO Projectの作品「森のサカナ」からずっと手伝ってもらっています。信頼しています。「あっちの岸」は、さとうじゅんこにも聴いてもらう。皆がさとうの意見を求める。12人のフルート、朗読、そして、わたしの音。どんどん音を削っていきシンプルにしていく。会場でなければわかならいことがある。どんどん良くなっていく。最後まで音を磨き上げる。

オープニングは「Ascender」。木ノ脇さんのフルートとわたしの音の作品。張りつめた空気感をつくりせめぎ合うことができました。せめぎ合うことでほんとうの調和が生まれる。現代音楽、音楽の世界に風穴を開けることができたのではないか。多くの賞賛の声にあらためて木ノ脇さんがわたしの音を感じて作品つくりをしてくれたのだなと思いました。木ノ脇さんに何度も自宅スタジオに来ていだきリハーサルを繰り返しました。リハーサルが大切だということを痛感いたしました。また、MAX/mspプログラミングでアプリを開発していただいた三浦秀彦さん。音響システムを協賛していただいた田口和典さん、Taguchi、ON-COO Project。音つくりをご一緒した福岡功訓さん。岸本友恵さん。そして、さとうじゅんこ。多くの方に力をいただき、この日この時間、この場のlive演奏でしか実現できなかったでしょう。これを多くの方に体感していただけて幸せでした。今後、この作品は多くの機会に演奏したいと思います。今回、聴けなかった方々も楽しみにしていてください。
IMG_3120
「あっちの岸」。ここにいざない。あっちにみちびく。フルートの空気感が心地よかった。最後は益子で録音した蛙の合唱を、虫の音のような空気感にし生命のエネルギー感を描きました。REXスピーカーが力をかしてくれた。

エンディングは当初予定になかったアルヴォ•ベルトの「鏡の中の鏡」(1978)。フルートとピアノの演奏。3月11日。レクイエム。

次に繋がる演奏会でした。このような機会を与えていただき木ノ脇さんに心から感謝いたします。わたしはやはりliveが好きです。とてもとても楽しかった。現在、長い時間がかかっていますが、ずっとこもって新作CDを制作しています。リリース後はどんどん外に向けて発信していきたいと思います。楽しみにしていてください。

今日は父と母も関西から聴きに来てくれました。ありがとう。






go tanedaprojectsuara at 23:52│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2011年06月03日

6月3日(金) 初台のオペラシティリサイタルホールで開催される、作曲家でフルート奏者の木ノ脇道元さんの「木ノ脇道元作品演奏会」に出演します。木ノ脇さんとはダンサーの森山開次さん、アンサンブル・ノマド、そして、作曲家の笠松泰洋さんの公演でご一緒させていただきましたが、今回、とうとう競演いたします。 

オープニングの「Ascender」(新作)で、木ノ脇さんのフルートとせめぎ合います。また、4曲目の「あっちの岸」(2007年「増殖!ノズルス」発表作品)で、12人のフルートと柴田暦さんの朗読(白石かずこさんの詩)と共演いたします。

木ノ脇道元作品演奏会

a8fc7a2db67d6e33aed5962681b7552482df7d690e01de5cd1a39a03ac674b22

日時:6月3日(金) 18:30開場/19:00開演
会場:東京オペラシティリサイタルホール

出演: 木ノ脇道元、佐々木萌絵、羽鳥美紗紀、竹山愛、安原三保子、
池邊昇平、 横山由子、大澤明子多久潤一朗、平山恵、野口舞子、梶川真歩(以上フルート)、
稲垣聡(ピアノ)、野口千代光、花田和加子(ヴァイオリン)、甲斐史子(ヴィオラ)、
松本卓以(チェロ)、柴田暦(朗読)、種子田郷(電子音響音楽)

MAX/mspプログラミング:三浦秀彦
音響デザイン:福岡功訓、小林高治
協賛:Taguchi、ON-COO PROJECT

プログラム: アセンダー(新作初演)      
夜明け、リフレーン、オスティナート、海(2009 越のルビー音楽祭委嘱作品)
エコー・チェンバー(2008 [東京の夏]音楽祭発表作品)
あっちの岸(2007 [増殖!ノズルス]発表作品)
ラヴェンダー・ミスト(新作初演)

チケット:全自由席 一般 3,000円 / 大学生以下 2,000円
チケットお取り扱い:東京オペラシティ・チケットセンター tel:03-5353-9999
マネジメント:keynote
お問い合わせ・ご予約:キーノート tel:0422-44-1165 、keynote_music@fol.hi-ho.ne.jp

音響家の田口和典さんと、Taguchi、ON-COO PROJECTのご協力により、音響システムを導入していただきます。当日はFly soundの福岡功訓さんとの音つくりが楽しみです。岸本友恵さんにもお手伝いいただき、音を奏でることに集中させていただきたいと思います。

ご入場ご希望の方はこちらに ご連絡 ください。当日、窓口受付にて精算させていただきます。




go tanedaprojectsuara at 00:00│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2011年06月02日

2日。芸大で「木ノ脇道元作品演奏会」のリハーサル。ほんとうに久しぶりの芸大です。

IMG_3114
「あっちの岸」。12人のフルート。それぞれの音色は異なるが、それぞれが調和しひとつの空気感が生まれる。そのエネルギー感を身体で感じる。
IMG_3112
IMG_3113
柴田暦さんの朗読以外に演奏者も数名朗読する。朗読はとても難しいですが、作品としていいリズムをつくっていました。

わたしは作品のオープニングとエンディングに音を奏でます。本番までにさらに音を磨きたいと思います。明日の本番が楽しみです。

IMG_3115
帰り道。雨の上野公園。緑が気持ちいい。しかし、3月11日から何も進展していない。



go tanedaprojectsuara at 17:44│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2011年06月01日

5月31日。suaraスタジオで「木ノ脇道元作品演奏会」のリハーサル。

「あっちの岸」。12人のフルートと柴田暦さんの朗読(白石かずこさんの詩)、そして、わたしの音。木ノ脇さんにオープニングとエンディングの音を聴いていただく。

何とかsuaraスタジオの音響システムが音を奏でられるようになりました。2.1chシステムと8chシステムの2つです。今日は2.1chシステムで聴いていただきました。肌で身体で感じてもらえる音つくり。木ノ脇さんに気に入っていただけたようでホッとする。今後はsuaraスタジオでどんどんリハーサルをやっていきたいと思う。本番でもオープニングの音で演奏者もお客さまも会場も作品の世界へといざなう。そして、エンディングはあっちの岸を体感するのです。2日に芸大でフルートのリハーサルに参加します。楽しみです。

「Ascender」。アプリがほぼ完成しliveでの演奏が可能になりました。本日は本番さながらにふたりで演奏する。1回、2回、3回…張りつめた空気感で音を奏でられる。何よりも集中力が大切な作品。演奏後は心も身体も解放される。とても面白いせめぎ合いができる。4回目と思ったが、お互いこれでやめましょうとやめる。次は会場でゲネと本番です。本番まで作品のイメージをさらに深めていきたいと思う。まだ公演前ですが、この作品はいろんな機会に演奏できればいいなと感じる。いい作品です。楽しみにしていてください。




go tanedaprojectsuara at 23:57│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │