2012年04月

2012年04月27日

4月12日。明朝5時半。まだ寝静まる北八ヶ岳の黒百合ヒュッテで目が覚める。個室 啄木鳥の巣の窓。う〜ん。まだ風と雪が舞っている。そして、霞んでいます。

226

240

山の空気を体感するため外に出る。気温は氷点下5℃。はじめての黒百合ヒュッテは氷点下23℃。2回目は氷点下10℃。春が近いです。

227

山小屋の前の斜面も霧で見えません。3回目も西天狗に登れないのか…。

228

231

山小屋前のベンチにも雪が積もる。

237

229

239

しばし空とにらめっこ。少し空気が変わる。日の出の時間か…太陽の姿は見えない。

232

234

気を取り戻して薪ストーブの前でヨガストレッチ。

241

今朝も静かな山小屋です。

243

朝食の時間。宿泊客3人で仲良くコタツでいただきました。今朝もご飯の大盛りおかわりとお味噌汁をご馳走になりました。ありがとうござました。美味しかったです。

249

今日は下山時に高見石小屋に寄り、4月の頭に単独で天狗岳に登った我が妹が、下山途中のサイの河原から渋の湯の間で落とした防水用のデジタルカメラを受け取ろうと思っていましたが、今日は小屋がお休みで時間の余裕が少しできましたので(カメラは登山客の方が拾って最寄りの高見石小屋に届けてくださり、スタッフの方が黒百合ヒュッテの写真を見つけて山小屋に連絡してくれたそうです。山で出会う人、働く人たちはみな心が美しい方が多いです。感謝。)、天候が回復するのを願って出発を1時間遅らせました

8時半。さすがに時間が厳しくなったので、外に出た瞬間…目を疑いました。モワッと雲が浮き立つように一気に上昇していきました。すごい瞬間に立ち会えました。

253

目の前の斜面も美しい姿をあらわしました。晴天!

254

太陽が輝いています。あまりに嬉しくて小さな声をあげてしまいました。山に感謝です。

255

黒百合ヒュッテも喜んでくれています。

252

256

259

天狗岳にアタックです。木が「いってらっしゃい」と声をかけてくれました。

261

中山峠まで、宿泊していたカップルと一緒に歩きました。彼らは高見石から渋の湯に下山です。また、お会いましょう。

263

中山峠の展望もバッチリです。雲海です。

262

あこがれの天狗岳。明朝の様子とはまったく異なります。ほんとうに信じられない思いでいっぱいです。ありがとう。

275

木の幹が割れて雪が融け凍っています。

278

283

昨日、吹雪のなかを歩いたわたしの足跡が少し残っています。また歩くことができました。

289

292

東天狗岳の大斜面。昨日と同じ斜面とは思えないほど輝いています。

303

306

308

309

昨日もお世話になったピンクの布。

313

わたしのトレースが…昨日はどこを歩いているかわからなかったのですが、間違っていなかったようです。

314

アイゼンでガッシガッシと雪を踏みしめます。心地いい音が静かに響きます。

316

ちょっと後ろを振り返ります。

318

太陽が美しく樹霜を輝かせます。

323

あぁ…はじめて東天狗岳を登っている感じです。こんな山だったのだ。

325

奥庭との分岐点です。青空に西天狗岳の姿が浮かび上がる。

329

333

急斜面は柄ではなくピックを差して、キックステップでしっかりアイゼンの先の爪を差してゆっくり登ります。

334

太陽と青空に東天狗岳の山頂が見えてきました。

339

東天狗岳に登頂です。

343

晴天の東天狗岳。とても嬉しいです。

356

そして…西天狗岳。

359

東天狗岳(2,640m)からのぞむ西天狗岳(2,646m)です。三回目の挑戦で、はじめてその巓を観ることができましたが、 あまりにも静謐な美しさと厳しさに心震えました。

368

373

今日も東天狗までは風が強かったのですが、西天狗にアタックする瞬間にピタッと風がやみました。山が迎え入れてくれたように感じました。

374

前日の吹雪でトレース(足跡)もなく、わたし以外だれもいなくて、ラッセル登山(雪を踏み固めて道をつくりながら進む)になりました。喜びもひとしおでしたが、山にたいして大切にいっぽいっぽ歩みました。

381

383

384

途中、東天狗岳をのぞむ。

385

遠くに雪に埋まった西天狗岳の山頂が見える。

387

1m50cmぐらいの積雪かな…。

388

とうとう三回目にして西天狗岳に登頂しました。愛しいです。

462

399

たった独りの山行だったので、山頂でしばし大の字になって身体の静けさを感じていました。

401

東天狗岳をバックにパチリ。

409

力になってくれたピッケルとグローブも記念撮影です。

422

ふたつの龍が姿をあらわしました。

474

360℃の展望です。硫黄岳。

478

赤岳、阿弥陀岳。

480

遠くに南アルプス。

482

483

御岳。

484

遠くに中央アルプス。

485

486

蓼科山と横岳。

487

乗鞍岳、北アルプス。

488

浅間山。

489

490

491

一周しました。

493

誰も登ってこなかったので30分以上寝転がっていました。

505

名残惜しいですが、東天狗岳に戻ることにしました。

502

自身のつけたトレースを歩きます。

510

511

何度も振り返ります。

514

515

520

522

528

西天狗岳をバックに…感激です。

541

東天狗岳に戻ってきました。

545

551

奥庭から下山します。トレースはなく自分の好きなところを雪を感じて下ります。

557

558

振り返り自身の足跡を眺めます。

562

563

565

動物の足跡です。オコジョ。登山道と同じところを歩いています。

569

572

鳥に会いました。

574

菊の花びらのような愛らしい足跡です。

584

わたしのと足跡。

587

すりばち池。雪が融けエメラルドのような色で輝いていました。

592

池の上を静かに歩く。いまにも沈みそうです。

601

先ほどいた東天狗岳と西天狗岳です。さらにいとおしくうつります。

609

大好きな黒百合ヒュッテが見えてきました。

614

斜面を下る。

618

620

619

ただいまです。

622

喜びを身体全体感じながら、小屋でカップラーメンとドライフルーツを食べさせていただきました。

626

631

また遊びに来ます。

632

気温が上がると登山道が川になるので、山小屋に水が入らないように小屋の前に深い溝を掘っているとのこと。

633

下山です。

634

635

636

あたたかくて木に雪は積もっていません。

639

ポタポタと雪の解ける音が美しく響いています。感じます。

640

641

どんどん下っていくと登山道の雪は溶けてきました。

642

643

646

648

地面は雪が融けて茶色くなってきています。

651

バスの時間もあるので一気に下ります。
652

無事、下山しました。ありがとうございました。

653

バスが出発するまで15分ぐらいでしたが、渋の湯で温泉にはいりました。

654

バスには黒百合ヒュッテでご一緒したカップルがいました。無事、下山を喜び合いました。渋の湯に雪はなくなっていました。春です。

655

茅野駅でいつもの山菜蕎麦をいただきました。

656

自宅近くの香取神社にも無事下山の報告をしました。

658

5回目の北八ヶ岳。楽しい楽しい山行になりました。この身体を支配している静けさを音にしたいと思います。山と太陽と人に感謝します。ありがとうございました。

今季、最後の雪山かな…と思っていましたが、まだ、北アルプスには雪が残っています。GW明けに涸沢、北穂高に挑戦しようかなと密かに思い描いています。涸沢ヒュッテには黒百合ヒュッテのスタッフだった増原さんが…会いに行きたいです。




go tanedaprojectsuara at 20:10│コメント(2)トラックバック(0)go taneda │

2012年04月20日

4月11-12日。街は桜で美しく色づいていましたが、雪が恋しくて、今季、五回目の北八ヶ岳に来ました。新宿駅8時発スーパーあずさ5号で茅野駅へ。激しい雨が降っています。茅野駅からバスで渋の湯に向かいます。バスは貸し切り状態です。途中から雨が雪に変わりました。ホッとする。11時半に到着。わたしの他に登山客の姿は見えません。おそらく今季最後の北八ヶ岳。前回、断念した〝西天狗岳〟に挑みたいと思いますが、天候を見極め慎重に攻めます。

008

本日、宿泊する黒百合ヒュッテに立ち寄って、そのまま天狗岳に登る予定なので、バスのなかでスパッツやレインウェアをつけ準備をしました。ストック、アイゼン、ビッケルと雪山用の準備はバッチリです。4月の頭に天狗岳に単独で登った妹が、中山峠から高見石まではワカンが必要と教えくれたので、今回はワカンも持ってきました。どれも大切なものです。

010

前回よりも渋の湯は雪が深くなっていました。

012

毎回、無事下山できるようお願いする神社です。風が強く雪が舞っています。

014

まだ流れ落ちる水は凍っています。

013

登山計画書を提出。

015

登山口からしばらくはアイスバーン状態です。アイゼンが力をかしてくれます。

018

雪が深くなっても春を感じさせてくれます。

020

空気もモワッとして春のにおい。

022

天狗岳・黒百合平へ。

023

026

029

030

035

036

037

まだまだ雪は深いです。

039

040

042

043

046

あまりの寒さで木の幹が割れています。

047

1時間強であっという間に黒百合ヒュッテの姿が見えてきました。

050

山小屋前の斜面も健在ですが視界が…。

052

3回目の黒百合ヒュッテです。

054

薪ストーブが心を静かにさせてくれる。

060

天候が悪化してきていますが、行けるところまでいこうと、トマトスープとナッツ、かりんとうをいただいてエネルギーをもらう。

064

雪が降り積もり、中山峠までトレースがなくなっていて迷い込んだ森です。ここはとても静かで美しかった。しかし、こんなので天狗岳に登れるのか?

065

なんとか中山峠に着く。

069

中山峠からの展望もなしです。

070

樹霜です。風が強いです。

082

岩が行く手を阻みます。表面は凍っています。

072

落ちたら生きては帰れません。

084

086

細心の注意を払って歩みます。

088

風と雪が強まってきました。

091

前回も厳しい天狗岳でしたが、今回はさらに厳しい天狗岳を感じます。しかし、木も岩も美しいです。

093

東天狗岳の大斜面。ほとんど視界がありません。

100

113

急斜面。森林限界を越えると風は容赦なく襲います。ピッケルとアイゼンを活かして一歩一歩すすむ。

115

足下の視界まで悪くなりトレースはなし。このピンクの紐を頼りに登ります。

123

気を落ち着かせようとしばし樹霜と戯れる。

127

131

奥庭方面との分岐点。西天狗岳の姿はまったく見えません。今回も難しいかもしれません。

133

三つ目の岩場を超えてホッと気が緩んだ瞬間に滑落しそうになる。この時点でもう西天狗岳は断念です。気を取り戻して前を見ると東天狗岳の山頂が見える。

137

どこをどう登ってきたかも定かでなかったですが、なんとか東天狗岳(2,640m)に登頂しました。

149

風速20m〜30mのなか、何度目かでやっと記念撮影ができました。今回はまったく喜びがありません。この時は無理をし過ぎたと反省している顔です。

176

近くて遠い西天岳。

183

真っ白です。下山です。

157

先ほどの滑落の危険性を感じて、下りはさらに慎重にしましたが、2番目の岩場であと一歩進んでいたら、先がなかったところもあり肝を冷やしました。

191

振り返っても東天狗岳の斜面は見えないぐらい天候は悪化。

195

もうまったく道がわからず、中山峠に戻るところがここで左に下ってしまう。

197

黒百合ヒュッテの姿が見えました。心底ホッとする。夕食の時間が迫っていましたが、焦らないでゆっくりゆっくり下る。山小屋のスタッフの栗原さん、安藤さんほんとうにご心配をおかけしてごめんなさい。

199

やっとたどり着きました。

201

今日は私以外に1組カップルが宿泊でしたが、わたしは夕食の時間を遅れましたので、ひとりでコタツでご馳走になりました。やっと少し気持ちが落ち着いてきました。生姜焼きが心に染みました。ご飯も大盛りおかわりをして元気をつけます。ありがとうございました。

203

今日も静かな山小屋です。

213

薪ストーブの火をボーと眺めます。木の燃える音、風の音だけが響きます。

212

足首を少し痛めたので、薪ストーブの前で念入りにヨガストレッチをする。

223_

今回も個室の啄木鳥の巣でおやすみです。明日は晴れますようにと祈りつつ、静かな眠りにつくつもりが…。

209

滑落やもう一歩で崖に落ちる姿が頭から離れなくてなかなか眠れませんでした。身体も荒れ狂っていました。天候が悪い時はやめようと心から誓うのでした。明日は晴れて西天狗岳の姿が見られますように…。





go tanedaprojectsuara at 11:57│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2012年04月10日

3月23日。朝5時。北八ヶ岳の黒百合ヒュッテ。氷点下10℃。前回(3月13日)、この時間は氷点下23℃でしたので、やはりずいぶんあたたかくなりました。山の澄みきった空気を肌で感じながらお茶をいただく。

218

まだ眠っている山小屋。

224

啄木鳥の巣に戻る。窓は凍っている。

226

228

今朝もわたしひとりのために食事をつくっていただきました。こたつを独り占めして美味しくいただきました。お米がとっても美味しくて、また大盛りおかわりを…今日の山行のエネルギーになります。感謝します。

232

増原さんに3日前の雨で雪が融け、すりばち池が凍っていると教えてもらい、出発前に遊びに行く。

233

山小屋の急斜面を楽しみながら登る。

234

登りきるとすごい風。もし天候が良ければ、昨日、断念した西天狗を目指そうと思っていましたが、天狗岳の姿は見えず、やはり次回の楽しみにしようと誓う。

235

240

すりばち池。きれいに凍っています。

256

248

254

245

もちろん氷の上を歩きます。

252

たまに割れてびっくりします。楽しくて池を一周しました。楽しかった。

255

黒百合ヒュッテに戻ります。う〜ん。荒れてきました。

259

宿泊していたおふたり(みぞかわさんとあらきさん)は、このまま下山すると渋の湯へ…またお会いしましょう。

266

さぁ四つの山を登ります。出発です。

267

273

275

276

277

森のなかにある中山に登頂です。

278

281

中山展望。吹雪で山々はまったく見えません。

283

288

早々に先に進みます。

290

291

雪が積もってきてだんだん深くなっていく。

293

前回、出会ったコケ丸にまた会えました。なんだかとても嬉しかった。

296

これがコケ丸です。

294

まったく人に会わない静かな山行で、途中の森に唯一こんな看板が…一瞬、ホッとさせてくれました。

302

厳しくなってきました。

303

高見石小屋に到着です。

304

薪にも雪が積もる。

309

307

313

丸山に登頂です。埋まっています。

314

もちろん展望は真っ白です。

317

318

322

静かです。

323

325

326

麦草峠です。

327

ここはほんとうに雪が深くなりトレースはなくラッセルしながらガシガシ歩く感じです。今回はいらないだろうとワカンを持ってこなかったが、あれば楽しかったと思う。

329

麦草ヒュッテの前にある休憩所を目指します。

332

自分のつくった道です。

333

まったく人気のない休憩所であたたかいカップラーメンをいただく。あたたまった。

334

前々回、妹と河原さんと泊まった麦草ヒュッテです。

337

また来れて嬉しかったです。

339

348

349

351

354

大石峠です。

355

吹雪でも、森のなかでは風は空を舞う音だけ。静けさが支配し身体の静けさを体感する。

357

358

359

363

365

369

茶臼山に登頂です。

370

木々が静かに低く語る声をしばし立ち止まり聴く。いい音です。

377

380

ここのコケ丸はまだまだ冬です。

381

383

ここの場は特別な空気感を感じました。ボーと木々を眺めていると“ふっ”とくちばしの長い小さな黒い鳥が舞い降りてきた。この世のものとは思えなかった。どこかに連れて行かれそうになり後ろを振り返る。

385

386

387

390

ここまで順調だったが、登りきったところにトレースはまったくなかった。ここで1時間あまり迷うことになる。雪がどんどん降り風もとても強い。

391

矢印の方向に進むと道のない森のなかに入る。雪は深く膝の上まで埋まる。自分でつくった道があるのみ。誰か登ってこないかな…と思うが、この天候だと誰も登らないのか。そういえば山小屋を出てから誰にも会っていない。幸せだな〜贅沢だなと思っていましたが、さすがにこの時ばかりは少しひと恋しくなる。人は身勝手だ。

393

身体も冷えてきたので、森のなかで風を避けつつメリノウールの上に中間着のフリースを着る。そして、気を落ち着かせるために行動食をとりエネルギーをもらう。そして、道しるべに戻る。3度目。地図を開きコンパスを置いて、ここしかないという道を進むことにする。やはり道がないが、雪のすぐ上の木の枝に小さな赤い布(ありがとうございます)を見つける。ここだと思うがその先に道はない。迷わず進みしばらくすると登山道のような跡が見つかる。

395

ホッとする。道が開けてここだと確認する。なんとか乗り切りました。

396

縞枯山への道しるべ。

397

雪をかきだすと出てきました。

398

399

400

縞枯山。もう楽しいぐらいの吹雪です。この音はこの風はなかなか体験できません。

403

木が美しくしなります。

404

えびのしっぽです。

406

縞枯山登頂です。前々回(2月18-19日)に来た時よりも1mぐらい雪が深くなっていた。

418

下山です。

419

下りがきつかったのでソリ遊びをしながら一気に下る。

422

とうとうロープウェイの文字が…。

424

森を抜けました。後ろをふりかえる。

425

無事、森を抜けられたのはぬしのおかげか…。

426

下山が見えたところで記念に撮る。

429

森を抜けるとふたたび風が襲う。

432

縞枯山荘が見えてくる。

434

今日は泊まり客もいないだろう。

435

436

437

441

ロープウェイ乗り場が見えました。この天候ではスキー客もいません。

442

戻ってきました。

446

無事、下山。とても喜んでいる顔です。

447

ロープウェイは貸し切りでした。係の方とお話しをして、ひさしぶりに人と話したなと実感する。4月2日からはロープウェイはしばらくお休みになりますので、今回のルートは歩けなくなります。バスで茅野駅まで1時間。

448

バスも貸し切り状態でした。ほんとうにたった独りの山行でした。

449

茅野駅で山菜蕎麦をいただく。いつになく美味しかった。

450

「黒百合ヒュッテ〜中山〜高見石〜丸山〜麦草峠〜大石峠〜茶臼山〜縞枯山」。たった独りの雪山縦走でした。こんな経験は二度とないのではと感じました。山と身体と静かに静かに対話していました。この体験を自身のやるべきことに生かしたい。

今回は、初日の天狗岳での滑落の危険。2日目の遭難などを痛感した山行になりました。いま一度、「初心忘るべからず」を大切にしていきたいと思います。山は学べます。山に感謝いたします。

…10日。東京は桜も満開になりすっかり春の陽気ですが、まだまだ雪が恋しいわたしは、11日からこの冬5回目の北八ヶ岳を計画しています。11日。街では雨ですが、山は雪になるようです。次回はアイゼンとピッケル、そして、ワカンが必要かもしれません。まだまだ山は雪です。慎重に攻めたいと思います。とてもとても楽しみです。





go tanedaprojectsuara at 12:37│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2012年04月04日

3月22-23日。この冬、四回目の北八ヶ岳に、二回目の雪山縦走単独登山に行きました。新宿駅8時発スーパーあずさ5号で茅野駅へ。茅野駅からバスで渋の湯に11時半に到着。途中、カモシカと遭遇。しっかり目が合いました。雪の中でも会えるかな…。

今回は初日に憧れの天狗岳に登るので、できるだけ出発がスムーズに行くように、バスの後方でレインウェアやスパッツなどの準備をする。今回もアイゼンに、そして、はじめてピッケルに力をかります。今日は曇りで風が強い。渋の湯の神社で無事下山できるようお願いする。

011

自宅で作成した登山カードを登山箱に投函し出発です。出発してすぐ雪の質がこれまでとまったく異なるのに気づく。

015

雪が固い少し凍っている。アイゼンが力を発揮します。

017

木の皮がきれいに剥けている。

019

木に雪が積もっていない。春が近いのか。

023

024

空がひらけてくると…。

027

大好きな山小屋。

028

黒百合ヒュッテです。天狗岳に登るために足を速めて1時間強で着くことができました。

031

目の前の斜面も健在です。山小屋でトマトスープ、ドライフルーツ、ナッツ類を食べてエネルギーを蓄える。

029

ザックを置いて、ピッケルを持って天狗岳にアタックです。

033

雲行きが怪しいです。

037

天狗岳をのぞむ。雲が…。

038

登るとどんどん風が強くなる。

039

東天狗岳の大斜面。

043

急斜面。森林限界を越えると猛烈な突風が襲う。ピッケルで雪面を深く突き刺し、アイゼンで足下をしっかり確保し一歩一歩少しずつ進む。

045

大斜面を登りきってホッとひと休みです。

050

大斜面の先の雪はほぼ凍っています。アイゼンを最大限に生かします。

052

この時点では西天狗岳の美しい姿も見えていた。しかし、その先にはこの厚い雲…。

056

進むべき先が白くなっていく。

058

062

樹林帯を抜けると「ゴー」という轟音が響き、真っすぐ立っていられないほどの豪風。滑らないように慎重に攻める。

065

容赦なく猛風が襲います。脚を踏ん張り耐えます。なかなか先に進めません。風が弱まった瞬間に歩きます。地吹雪で露出している顔の部分が痛い。ここまでくるとトレースはありません。焦らずゆっくり歩みます。強風のなか身体はとても静かです。微かに東天狗岳の頂上が見えてくる。

068

とうとう2,640mの東天狗岳に登頂しました。後ろは真っ白です。

071

これは喜んでいる顔です。

091

感慨深いです。

075

記念に写真を撮ろうとするが、突風が舞いなかなか撮れませんでした。

083

2,646mの西天狗岳。いざ向かおうと…。

097

ん…山がない。

096

西天狗岳への登りは雪崩や滑落などの話ではなくホワイトアウトです。静けさが響き渡る。

101

迷わず引き返すことに…次の楽しみにしたいと思います。後ろを振り返ると崖です。少しでも気を緩めたら持っていかれます。

117

戻ります。

119

大斜面。雪が深くなったところで滑落した際に、ピッケルで止まる練習をしてみる。全身で止めにいかないとなかなか止まらない。いい経験になりました。

120

124

ピッケル

130

アイゼンが東天狗岳登頂を実現してくれました。感謝です。

128

136

登った東天狗岳の大斜面を望む。あれを登ったと思うととても不思議な感じです。

142

西天狗岳の頂上は雲のなかです。行かなくてよかったです。そういえば、たったひとりの山行でした。

145

黒百合ヒュッテの静かな佇まいを感じてはじめてホッとする。

150

ただいまです。

153

向かいの斜面は翌朝にでも登ろうと思う。

152

氷点下10℃。やはり少しあたたかくなった。

158

今日も前回と同じ個室。啄木鳥の巣です。また戻ってきました。

160

落ち着きます。

159

啄木鳥の巣の窓からの風景。身体を清める。

161

今日はわたし以外にふたりだけ宿泊です。おふたりは自炊のようで、あったかいコタツでひとりでの食事です。とっても贅沢です。

162

黒百合ヒュッテのスタッフの方々はとても心静かで最高です。

166

薪ストーブの火を眺め音に耳を澄ませ、山小屋の静けさを心と身体で体感します。

180

179

2006年のヤマケイJOYという山雑誌に黒百合ヒュッテの特集記事があり、外のランプが灯った黒百合ヒュッテの姿を見たいと思っていました。無理を言ってスタッフの方にお願いすると、みなスイッチの場所がわからず一生懸命探してくれました。感動です。

203

氷点下10℃のなかで、宿泊している3人とスタッフの増原さんを含めた5人で、静かに眺め、撮影会となりました。

212

消灯時間の20時半になり個室に戻り、明日の山行に思いを馳せながらストレッチをして静かな静かな眠りにつく。





go tanedaprojectsuara at 21:00│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2012年04月01日

3月20,22,23日。音楽で参加しました、津村禮次郎×森山開次「石橋+Shakkyou」ロシアツアーのモスクワ「イズベスチャ新聞」の記事です。翻訳ソフトを使って読んでいただけると嬉しいです。


サンクトペテルブルグHTB(NTV/ロシアのフジテレビ的テレビ局)でも取り上げられました。ロシア語ですが、ロシアの空気感がじゅうぶん伝わってきます。

tv_morimaya


海外公演はとても有意義です。参加できたことを感謝いたします。



go tanedaprojectsuara at 11:03│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │