2012年05月

2012年05月17日

5月11日。渋谷のUPLINK ROOMにて、さとうじゅんこのナビゲーターによる歌のワークショップに参加しました。

さとうじゅんこはジャワガムランのプシンデン(女声歌手)として演奏活動を行い。TAIKUHJIKANG(川村亘平)、うたをさがしてトリオ(齋藤徹)、でいらほん(チャーリー高橋)、Alayavijana(ヨシダダイキチ)などの活動に参加し歌を高めています。

『クラヤミノ大合唱』Throat of Japan(日本の喉) 2012前期 by クラヤミノtones

◎日時:2012年
5/11(金)、6/13(水)、7/5(木) 19:30-21:30 (開場:19:00)

◎於:UPLINK ROOM (渋谷)

◎料金:当日3,000円/ 単発予約2,800円/ 3回券8,000円(1ドリンク付)

◎ナビゲーター:さとうじゅんこ

クラヤミノtones:徳久ウィリアム、たむらひろし、渡辺タケシ 

◎お問合 せ:03-6825-5502(Uplink)
 / factory@uplink.co.jp

さとうじゅんこのワークショップに対するメッセージです。

ひさしぶりのUPLINK、はじめてのUPLINK ROOMです。UPLINK ROOMはUPLINKの2Fにできた新しいスペース。今回はクラヤミノtonesによる完全暗転の演出がありますが、ちょうどいい感じのスペースです。とても気に入りました。

開演前のさとうじゅんこと徳久ウィリアムさん。

kurayamino

さとうじゅんこが自己紹介。macapat(モチョパット:ガムラン音楽で古い詩をジャワ語で歌う)でAsmaradana(アスモロドノ)を歌う。息づかいも感じられる空間で生の声を聴く。あらためて貴重なことだと思った。次に参加者の自己紹介。

kurayamino2

■お題「秋田 港の唄」

・参加者全員で、さとうじゅんこの出身地である秋田民謡を掛け声などでジャワ風にアレンジして歌ったり、お祭り気分で自由に声を出しましょう!

・楽に声が出すためのウォームアップからまず行うので、安心して誰でも参加出来ます。

・予定副テーマ:第1回「ロングトーン」第2回「リズム」第3回「ハーモニー」

・真っ暗闇なので、誰の目も気にせず思い切り声を出せます。

皆でウォームアップ。身体をリラックスさせる。歌も身体が軸になります。そして、いよいよ声を出してロングトーンの練習。次に民謡っぽい声を出す。日本の心。次の参加者がソロで歌うところは、みな少し緊張していたが、それぞれ個性があって面白かった。

今回のお題である「
港の歌」を口承で…楽しい。そして、参加者全員で大合唱。最後にはこのROOMが声で震えていました。視覚がないと感覚がさらに研ぎすまされる。また、心と身体が解放される。わたしもいったいどんな顔をして、どんな格好で歌っていたのやら…ほんとうにほんとうに楽しかった。お手本となるいい歌を感じながら歌うと、自然と身体が楽器になって歌っているのを体感できる。

終了後、参加者の顔はみなキラキラと輝いていました。わたしもとても気持ちよかったです。次回はリズムがテーマ。掛け声。楽しくなりそうです。今回、参加できなかった方は、ぜひ、遊びに来てください。6月13日です。

さとうじゅんこの歌声を聴いてください。


TAIKUH JIKANG「幻灯音楽 shadow live」


秋田大黒舞 / AlayaVijana


いついかに / AlayaVijana



Sympho Canvas(R)コンサート「森のサカナ」




go tanedaprojectsuara at 18:13│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │