2017年03月

2017年03月31日

25-26日。北アルプス後立山連峰の五竜岳(2,814m)を、久保さんと鈴木さんと歩いてきました。

25日0時の新宿駅。夜行列車のムーンライト信州で、白馬駅より2駅前の神城駅に着く。白馬五竜スキー場の仮眠室で2時間弱の仮眠。山の天気予報では25日は晴れ。26日は南岸低気圧の影響で午後からは雪の予報でした。初日に西遠見山の手前にテント装備をデポして山頂を目指し登頂。 荷物をデポしたところに戻ってテントを張りました。2日目は予報通り視界が悪くなり、雪が降りはじめた午前中に無事下山。久保さんと鈴木さん、そして、山と天気予報に感謝します。

24日に雪が降り、西遠見山から望む白岳は文字通り真っ白でとても美しかった。後立山連峰はまだまだ雪深いです。

image

今年もムーンライト信州で北アルプスへ。

image

05:40に神城駅に到着。

image

ゴンドラに乗って、アルプス平からはリフトに乗って地蔵ノ頭へ。わたしと鈴木さんはスノーシュー、久保さんはワカンでスタート。

image

地蔵ノ頭は左手から巻く。

image

白馬三山。

image

楽しい稜線歩き。

image


image


image


image

右手に五竜岳山頂が見える。

image

しばらくすると五竜岳の全貌が姿をあらわす。

image

鹿島槍ヶ岳。

image


image


image

右には唐松岳。奥に白馬三山。

image

五竜岳が正面に現れる。

image

左には鹿島槍ヶ岳。

image


image

西遠見山から五竜岳。

image


image


image

西遠見山から真っ白な白岳の雪壁。いったいどうやって登るのか…。

image

白岳はトラバース。BCの方のトレースに助けられる。

image

左手に五竜岳。

image

奥には鹿島槍ヶ岳。

image


image


image

久保さんと鈴木さん。

image


image

白岳をトラバースする久保さんと鈴木さん。

image

白岳のトラバース途中から五竜岳。五竜山荘の屋根も見える。

image


image

五竜山荘。

image

五竜山荘から望む五竜岳。

image

黒部側に落ちないように…。

image


image


image

ここで一息。

image

山頂へと続く長いトラバース。

image


image

鎖場で一呼吸。

image


image


image

ここはシビれた。

image

あとひと登り。最後の雪壁が核心部。

image


image

鹿島槍ヶ岳を反対側から望む。

image


image


image


image


image

雪壁を越えてホッとする。

image


image


image

山頂へのビクトリーロード。

image

五竜岳山頂。

image

剱岳がドーン。

image

久保さんとテムレス。

image

鈴木さんとアミノバイタルゼリー。

image

わたしも久保さんに撮っていただきました。

image

鹿島槍ヶ岳。来季のムーンライト信州は…。

image


image

剱・立山。

image


image


image


image


image


image


image


image

滝雲。

image

さぁ下山。

image


image

美しい空。

image


image


image


image

山頂直下の雪壁をクライムダウンで下る久保さんと鈴木さん。

image


image


image


image


image


image

長いトラバースも慎重に力強く。

image


image


image


image


image

五竜山荘が見える。

image


image

五竜山荘から白岳のトラバース。

image


image


image


image


image


image

何度も振り返りふたりの姿を確認する。

image


image

BCの滑降跡。久保さんは滑りたかったのでは…我々は歩く。

image

豆粒の久保さんと鈴木さん。

image


image

真っ白な白岳の雪壁から西遠見山に無事下山。

image


image


image

荷物をデポしたところに戻って、テントを張る。

image

晩ごはんは久保さんの鍋焼きうどん。久保さん美味しかったです。ご馳走さまでした。

image

夜は星がキラキラと輝く。

image

目覚め。テントの後ろは雲海。

image

今回、久保さんが所属している山岳会の大きなテントをおかりしました。ありがとうございました。

image


image


image


image

真っ白な白岳。美しい。

image

テントを撤収して下山の準備。

image

下山は雲海を眺めながら…。

image

天気予報通りどんどん視界が悪くなってきました。

image


image


image

振り返ると五竜岳の姿が浮かぶ。

image

白岳から五竜岳への稜線。

image


image


image


image


image

スキー場が見えてきました。

image

地蔵ノ頭に立ち寄り無事に下山。、

image

アルプス平まで歩き、ゴンドラに乗って下ります。

image

白馬八方温泉を楽しみ、お蕎麦を堪能する。笑顔の久保さんと鈴木さん。ありがとうございました。







go tanedaprojectsuara at 23:43│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

2017年03月13日

12-13日。北アルプスの西穂高岳(2,909m)をソロテント泊で歩いてきました。

先週、まとまった雪が降り、お天気にも恵まれました。山に感謝します。

西穂山荘のテント場も3張のみで、山頂まではひとり旅と静かな雪山を体感。素敵な出会いもありました。

風速は11m、テント内の気温は-11℃と、山も少しずつ春が近づいてきています。

image

初日。ロープウェイ山頂駅を降りると雪の回廊。

image

西穂山荘に到着。山荘までは急登でしたが、ノーアイゼンで登る。

image

本日の寝床をつくる。

image

この時点ではテント場にわたしのテントのみ。

image

西穂山荘の巨大な雪だるま。

image

明日のために雪のコンディションを観に歩く。

image

丸山と独標の中間地点まで歩く。雪は締まって、アイゼンがよく効いて歩きやすい。

image

下山してきました。テント場を眺めながら珈琲をいただく。

image

山荘に戻ってきました。

image

夜の西穂山荘。

image

夜は眩しいぐらいの月明かりでした。

image

2日目。日が昇る少し前に出発。風が強そう。

image

焼岳と乗鞍岳。

image

笠ヶ岳も寝静まっている。

image

霞沢岳も夢のなか。

image

前穂高岳から明神岳に続く稜線から少し明るくなってきた。

image

雲が抜けそう。

image

丸山に到着。

image

雲が抜けるまでしばし待つ。

image

雲が抜けた。

image

明神岳と朝日。

image

独標に取り付く。

image

奥穂高岳から前穂高岳の稜線が見えた。

image

前穂高岳から明神岳の稜線。

image

独標に着く。

image

笠ヶ岳の稜線が太陽に…いつか歩いてみたい。

image

次に向かうピラミッドピークと山頂が見える。

image

ピラミッドピークが目の前に…よく見るとピラミッドだ。

image

ピラミッドピークのトラバース。

image

ピラミッドピークに到着。

image

山頂が近い。

image

稜線を振り返る。

image

雪のコンディションがいい。

image

ピラミッドピークを振り返る。

image

最後の峰へ。

image

少しずつ進む。

image

山頂直下の登り。

image

西穂高岳山頂に到着。

image

目の前に奥穂高岳がド〜ン。

image

前穂高岳もすぐそこに。

image

記念に自撮り撮影。

image

笠ヶ岳の稜線から…

image

黒部五郎岳や鷲羽岳など…槍ヶ岳も見える。

image

槍ヶ岳のアップ。

image

槍ヶ岳から奥穂高岳へ。

image

奥穂高岳から前穂高岳に続く吊尾根。

image

前穂高岳から明神岳へと続く稜線。

image

霞沢岳と上高地。

image

上高地もまだスノーシューハイクができそうです。

image

歩いてきた稜線の先に、焼岳と乗鞍岳。

image

アップダウンの稜線。

image

乗鞍岳のアップ。まだまだBCは楽しめそうですね。

image

遠くに雲海も見える。

image

風紋。風は強かったですが、しばらく山頂でのんびり景色を堪能する。下山です。

image

下りは慎重に、登り返しもある。

image

独標の登り返し。今回はコンディションがよくて歩きやすかった。

image

西穂山荘に下山。寝床に戻る。

image

テントを撤収。

image

森の中を歩き下山。

image

雪の回廊を経て、無事に下山しました。




go tanedaprojectsuara at 18:37│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │