2021年04月

2021年04月12日

厳冬期のピンっと張り詰めた空気感と美しい雪も好きですが、残雪期はより奥深い静かな山を歩けるのでとても魅力的です。4年前の4月中旬。爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳〝ヒドゥンクレバス〟にはまりました。

IMG_2413

爺ヶ岳 南峰から中峰へ。写真はすべてパートナーの外山さんが撮影。

IMG_2414

風は常にテントが飛ばされるぐらい強めでしたが、アイゼンで快適に歩ける雪質で、スタスタと歩を進め冷乗越を越えたところで

IMG_2415

突然〝ヒドゥンクレバス(隠されたクレバス)〟にはまりました。咄嗟に脚を広げ、アイゼンの先端で雪を蹴り込み、ピッケルを雪上に引っ掛ける。この動作でほぼ確保。

IMG_2416

突然、わたしが消えたと。外山さんとは残雪期の西穂高岳で出会い、このシーズン、爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳、奥穂高岳、剱岳とご一緒しました。

IMG_2417

完全に確保できホッとしたところ。今後のために写真を撮ってもらいました。

IMG_2418

降雪や強風で飛ばされた雪で、クレバスの表面が覆われ、見えなくなっていたのです。

IMG_2419  
まさに「落とし穴」です。

IMG_2421

縦というよりも、横に長く永遠と深い切れ目が続いていました。

IMG_2422

気を整えて、布引岳を越え鹿島槍ヶ岳山頂を望む。

IMG_2423

風はさらに強くなる。

IMG_2424

鹿島槍ヶ岳山頂です。風が強く、飛ばされないように踏ん張っています。

IMG_2425

下山。風が強い時や積雪直後は、パートナーがいればロープで繋ぐ。ソロの時は?安全といえるような広いスペースも、心と身体の準備は必要と実感しました。安全を確保しつつ、残雪期を楽しみましょう。

まだまだ雪は降っています。

https://www.mountain-forecast.com/peaks/Kashima-Yarigatake/forecasts/2889














go tanedaprojectsuara at 02:20│コメント(0)go taneda │

2021年04月09日

板橋区の赤塚公園 大門地区に自生しているニリンソウを観に行きました。

いま見頃です。

https://www.tokyo-park.or.jp/map/akatsukaFlyer_map.pdf

IMG_2713


IMG_2714

新緑が眩しいです。

FullSizeRender


FullSizeRender

今年も観に来ることができました。

IMG_2741

武蔵野台地の崖線に沿ってたくさん咲いています。

IMG_2742

水が潤う地です。

IMG_2743

IMG_2592

ニリンソウ。

IMG_2744

小さな蜘蛛を発見。

IMG_2612

IMG_2745

三輪も咲いていました。

IMG_2746

辻本珈琲の美味しいコーヒーを淹れました。

FullSizeRender

田遊びが行われる赤塚諏訪神社の横にある竹林。

FullSizeRender

夏のような雲で、その後、雷が鳴り響きました。




















go tanedaprojectsuara at 22:55│コメント(0)go taneda │

2021年04月03日


3月上旬。4年連続で登山口の鳩待峠までバスが運休している尾瀬ヶ原へ。ピッケルとアイゼンを使わない、また、1泊のところを2泊にして、余裕のある山行を計画しました。

3日間。カモシカに出会っただけで、誰にも会わず、電車も空いていて、沼田駅から鳩待入口(戸倉)間のバスは貸切りでした。

そして、四股はすごいと実感しました。食事と珈琲が、いつもの山ごはんより美味しく感じられました。

IMG_2336

初日は満天の星空の下で眠りました。

IMG_2337

日の出まえ。雲が燧ヶ岳を呑み込みそうで…その後、左に抜けていきました。


FullSizeRender

至仏山はモルゲンロート。

IMG_2339

至仏山の森林限界から望む燧ヶ岳と尾瀬ヶ原。

IMG_2340

尾瀬ヶ原を縦断中。小至仏山が姿をあらわして、至仏山は雄大な山容を魅せる。

IMG_2341

燧ヶ岳が見守る龍宮小屋。

IMG_2342

そして、尾瀬ヶ原の端っこ見晴(下田代十字路)まで歩いてきました。ゆっくり写真を撮り、食事や珈琲を楽しみながら3時間。小屋はまだ営業前でひっそりしています。

IMG_2343

日暈と至仏山。

IMG_2344

尾瀬ヶ原も春が近づいています。雪が溶けてまた固まりを繰り返して、波のような紋様を描きます。

IMG_2345

2日目の朝。テントが強風で飛ばされそうです。夜は月も星も出ていなくて〝漆黒の闇〟貴重な体験をしました。この世にこんな暗闇があるのかと思うほど何も見えませんでした。

そして、深夜2時頃から吹雪に…担いできた山道具をすべて酷使しました。帰りは強風のおかげで涼しく快適に歩けました。











go tanedaprojectsuara at 03:50│コメント(0)go taneda │