2005年03月30日

25~27日。能美健志&ダンステアトロ21「四季」公演が無事終りました。ありがとうございました。24日の会場入りから舞台に集中していたので、さすがに昨日(28日)はのんびり過ごしていました。

最終日は充実した公演になりました。そして、いつもこれからというところで終わりです。「art live - sound+dance+visual」の「vol.4」と「vol.5」で参加していただいた音響アーティストの小林高治さんが、もう次は東京(横浜)を出てやろうと言って下さいました。私もこれだけの公演を東京や横浜で終わりにしてはいけないと思う。

最終公演には現代舞踊協会の理事長である三輝容子さんが観に来てくれていました。他にも知人が何人か…最終日は立ち見も出ていい感じでしたが、すべての公演で満席とは言えませんでした。今回、舞台監督サブで参加していた山本麻紗子さん(次回「sound+dance+visual」公演の舞台監督予定)が打上げの時に、「たくさんの方に観てもらってはじめて…」という話しをしてくれました。いい作品でもより多くの人に観てもらわなくてはな~と痛感しました。

私の音は田口製作所の磯野順一さんの音場創成で、BankARTの3.9秒の残響のなかでも音の空気感を充分伝えることができました。音で空気を操ることができほんとうに楽しませていただきました。最終日の通しリハーサル(「sound+dance+visual vol.4,vol.5」に出演してくれたビジュアル&空間アーティストのmichiさんが観に来てくれました。)で、磯野さんに再度調整していただきより奥行き感が生まれました。さとうじゅんこのヴォイスの質感もシーンごとに異なるセッティングで最高の演出。今回、音響プラニングをしていただいた磯野さん。本番で一緒に演奏した宮崎康之さん。セッティングを手伝ってくれた高塚さん。本番を観てくださった田口さん、岩沢さん、小島さん。ゲネプロを観てくださった稲荷森さん、中原さん。田口製作所の皆さまに感謝しています。ありがとうございました。また次も一緒にいい音を奏でたいと思います。よろしくお願いします。

今回、能美健志さんとは去年に引き続き2回目。前回はお互いを探り合いながら戦いながら作品をつくっていましたが、今回はお互いの信頼関係のもとで作品つくりが進みました。お互いの存在を感じての作品つくりでしたが、決してすり合わせはしませんでした。作品を観ていただいた方には伝わったと思います。コミュニケーションもしっかり取って、よりいい関係を築けたと感じています。軽部裕美さんのソロ好きでした。いままでの軽部さんにはない一面を観ることができました。作品制作過程で音と踊りをぶつけたのですが、私の音を感じてから、能美さんは軽部さんの振付をすべて壊し、次のリハーサルではまったく違うパフォーマンスを観せてくれました。これは正直感動しました。軽部さんはこの1年でとても変わった。山田海蜂さんのソロにも驚かされました。「sound+dance+visual vol.4」ではあまり感じられなかったムーブメントで美しく舞い、存在感のあるさとうじゅんこの歌に負けないで、山田さんも一緒にメロディを奏でていました。日々精進し進化している山田さんを感じられるのは幸せです。またぜひ山田さんとご一緒したい。11人の群舞。BankARTの空間に、能美さんの最大の魅力であるフォーメイションも観ることができた。若手ダンサーたちによる躍動感やみずみずしさに溢れたシーンに。最終公演ではそれぞれの個性も感じられるようになり今後の活躍が楽しみです。公演後に若手ダンサーの何人かが泣いていましたがとても美しい涙でした。この純粋な気持ちを忘れてはいけないと実感しました。本公演で能美さんの振付家としての才能も感じられ嬉しかったです。

照明作家の川口真人さんとのコラボレーションも楽しかったです。シンプルで力強い演出は私の求めているもの。次回の「sound+dance+visual」公演からは参加していただく予定です。またご一緒できるのが楽しみです。衣装の李洗姫さん、武蔵野美術大学ファッションコースの方々は会場入りしてからも大活躍。何日も睡眠時間を削ってがんばっていました。11人の群舞の魅力を衣装が引き出させていました。個人的には山田海蜂さんの衣装が好きでした。今後の「sound+dance+visual」にも参加していただければと思っています。また「sound+dance+visual」のアートディレクションである三浦秀彦さんのチラシ、プログラムデザインも美しかったです。ありがとうございました。三浦さんには最終日に観ていただけました。公演を観て彼の思い描いた作品の世界観はデザインで表現できたと感じてくれたようです。

舞台監督の黒田隆行さん、山本麻紗子さん、制作の斉藤千雪さん、スタッフとして参加してくださったダンステアトロ21のダンサーの方々、珍しいキノコ舞踊団・制作の長谷川さんなどなど、たくさんの方に支えられての公演でした。音を奏でることに集中させていただきありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。

さっそく「四季」のレビューと写真が載っているので見てください。他にも石井達朗さん、稲倉達さん、乗越たかおさんなどが感想を送ってくださる予定です。また報告しますので楽しみにしていて下さい。

Dance Square
http://www.dance-square.jp/whatnewnew.html

今後もさらに音を磨き空間性、時間軸を考えて音を奏で作品を高め、全国に世界に向けて発信していきます。

at 04:22│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字