2005年05月22日

21日。「RADICAL SOUND PROJECTION」終了しました。出演者の皆さんの音を追求する姿勢はもちろんのこと、お客さんが耳を澄まし感じてくれる姿が嬉しかったです。私もとても集中していい音を奏でられました。30分を徹底した構成で構築でき、これまでのワルシャワ(6回目)で一番クオリティーの高いパフォーマンスが出来ました。また田口製作所の音響システムは私の音のテクスチャーをクリアーな空気感によって再現してくれました。

本日は「art live - sound+dance+vsiual vol4,5」で音響プラニングと、本番を担当していただいた小林高治さんが聴きに来てくれました。「30分?もっと短く感じた」と言っていただけた。小林さんはワルシャワのシステムにも関わっていらっしゃいます。チューニングも良く状態はいいようです。他にソロ舞台作品に楽曲提供させていただいたダンサーの奥田純子さん、森山開次さんの映像を制作された写真家の清水和土さんにも聴いていただけました。清水さんの映像作品に音を奏でてみたいと思っています。またBankARTでの能美健志さんとの作品で素敵な感想を送ってくれた里野立さん、芸大ジャワガムランクラブの手島沙織さんも来てくれました。

先日、舞踊評論家の石井達朗さんにご紹介していただける予定で流れてしまった、ダンサーで振付家の東野祥子さんも聴きに来てくれました。東野さんはダンスカンパニーBABY-Qを主宰。2004年<TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD>にて「次代を担う振付家賞」を受賞、2005年<横浜ソロ×デュオ(Competition)+>にて群舞部門グランプリ「未来へ羽ばたく横浜賞」を受賞されて将来有望な方です。私の音はCDではなかなかその質感が伝わらないのでこの機会にと思っていました。東野さんの心と身体に届いたようです。瞳に強い意思を感じました。今後に繋げていきたいです。

今回は「RADICAL SOUND PROJECTION」主催の阪本剛二郎(=G)さんや、後援の麻茶屋主宰の山尾麻耶さん、ワルシャワの宮坂さん、他のスタッフの方たちの力で、音を奏でることに集中させていただきました。感謝しています。またGさんのギターパフォーマンスには衝撃を受けました。いつか共演して多くの方に触れていただきたいと思っています。

今後も「RADICAL SOUND PROJECTION」の活動が楽しみです。そして、また参加させていただきたいです。

at 08:26│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字