2005年05月31日

5月21日にNHK・BS2で放送された「ダンスの国の朔太郎」をビデオで観る。私の音が上村なおかさん、山崎広太さんらの踊りのシーンで使われました。そのシーンはよかったのですが、他のシーンは詩を朗読する方がステージの真中手前に陣取り、オブジェの配置も散漫でダンサーは少し気の毒でした。空間構成はどうなっているのだろう。テレビは難しいです。

使われた曲は2001年1月の作品「rintik-rintik」です。この曲は多くの舞台で使われています。CDではショートバージョン(5:16、9:16の2バージョン)で発売していますが、いま制作中のソロアルバム発売後に、ミニアルバムとしてオリジナル版(20:00)を発売する予定です。お楽しみに…。

ダンサーで振付家の東野祥子さんから送っていただいたBABY-Qダンス公演「ALARM!」のDVDを観る。舞台会場を読み取り、ロボット、美術、映像、照明としっかり空間を構成。見応えありの作品。音楽も面白い。ただもう少し音のボリューム感をなくしてシンプルにするとさらに良くなると感じました。東野さんはダンサーとして独自の身体言語を持ち合わせ、また説得力のある身体は圧倒的な存在感です。東野さんのようなダンサーに出会えたことがとても嬉しいです。私の音のエネルギーを東野さんに解放したいです。今後どういったかたちで関われるのか、じっくり話し合って進めていきたいと思います。ほんとうに楽しみです。

高橋悠治さんの「ゴールドベルグ変奏曲」を聴く。アルバムジャケットで高橋さんはバティックを着てピアノを奏でている。そんな音に触れることができる。第24変奏が楽しそう。生演奏を聴きたい。7月に高知県立美術館と広島県のふくやま美術館で演奏されるそうですが東京でもやって欲しいです(3月に浜離宮朝日ホールでやられたそうです…聴き逃した)。

at 23:50│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字