2005年09月27日

25日。11月25~27日新国立劇場で公演する「いぶき~奇蹟の大地~」のリハーサルでした。森山開次さん、宮崎秀人さん、柴田好さん、橋爪さんが参加。宮崎さんのビジョンを聞き、私と森山さんは案を交わす。

そして、いきなり(先手で)森山さんが無音で即興なし(しっかり空間と振付を構成)で30分の踊りを魅せてくれました。森山さんは特別な存在です。彼と共演できるのはほんとうに幸せだと感じました。音は音で、踊りは踊りで、花は花で、それぞれがそれぞれのビジョンを描く。私は音を奏でて構成せず、イメージする時間を大切にしている。頭の中で音を奏でる。森山さんもイメージする時間をとても大切にしている。そして一気に放つ。

これまで森山さんとは新国立劇場で「弱法師」「OKINA」、N.Yで「katana」作品で共演しました(「art live - sound+dance+visual vol.3」ではsuaraのガムランで共演、青山円形劇場「あらわさのくう」ではさとうじゅんこが共演)。私の音と森山さんの踊りが同じ空間に投げ出された時…何かが弾ける。次は音を奏で森山さんの構成を壊したい。そして再構築を繰り返して、作品を高めていきたいと思います。

同時公演は能美健志さんと高田みどりさんの(打楽器)「法悦」作品です。私は能美さんとは「四季」「Direction of Hamonization ?」で共演しています。この作品も楽しみです。たくさんの方に観ていただきたいのですが、すでに前売チケットが残り少ないと聞きました。チケットはお早めにお求め下さい。

at 02:39│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字