2005年10月08日

7日。UPLINK FACTORYに今年8月に急逝してしまったリュック・フェラーリ氏の映画「リュック・フェラーリ ある抽象的リアリストの肖像」の試写会を「art live - sound+dance+visual」のアートディレクション三浦秀彦さんと観に行く。上映の前にリュック・フェラーリ氏と親交のあった作曲家の鈴木治行さんからいいお話しを聞かせていただく。リュック・フェラーリ氏が生活のなかでどんな音たちに包まれていたのか。何を聴き何を感じていたのか。こんなペースで音つくりをしたいたのか…と、なかなか興味深く拝見しました。12月3日に追悼上映会を開催。その後、2006年3月から東京(UPLINK)、名古屋、大阪、福岡、他にて順次公開予定です。

試写会終了後、12月にUPLINK FACTORYで開催予定だった「art live - sound+dance+visual vol.6」の公演日をUPLINKの鎌田さんと決める。12月16日(金曜日)にほぼ決定です。三浦秀彦さんと作品について打合せをする。次回からは「art live - sound+dance+visual」は副題になります。詳細は後日発表させていただきます。楽しみにしていて下さい。

その後、作家で舞踊評論家の乗越たかおさんと来年に予定している企画の打合せをする。詳細が決まりましたらご報告します。乗越さんは「コンテンポラリー・ダンス徹底ガイド」を執筆され、いまや若手の評論家では引っ張りだこ。愛情ある視点はとてもいいです。今後、ご一緒できるのが楽しみです。

打合せ終了後に、10月中旬から1年間、ロンドンで修行(?)される映像作家のmichiさんと会食。michiさんには「art live - sound+dance+visual vol.4、5」に出演していただき、8月青山スパイラルホールの「conscious」で大変お世話になりました。しばらく会えなくなるので出発前に…寂しくなりますが、次はロンドンでの共演を実現させます。

「conscious」公演の音データをいただく。Taguchiにお願いしてマイクで録音した音。スパイラルの空気感はなかなか面白い。ライン録音では感じることができない質感です。私の最後の音で空気が、会場が震え揺れているのが伝わる。早くアルバムを完成させなくてはいけない。

at 04:11│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字