2005年10月28日

26日。慶應義塾大学・日吉キャンパスの来往舎イベントテラスで、黒沢美香&ダンサーズの「jazzzzzz-dance」公演を観に行きました。会場には先日シアタートラムでご一緒したBABY-Qの東野祥子さん、山本泰輔さん、佐々木健ニ郎さん、制作の清水さんの姿も見える。開演前に今回の公演の進行役である舞踊評論家の石井達朗さん(石井さんは慶應の理工学部教授でもある)、演劇・舞踊ジャーナリストの堤広志さんらと少しお話しする。お客さんがたくさん入って石井さんも嬉しそう。また、三宅流さんの16mm映画「白日」に出演されていたARICAの安藤朋子さんともお会いする(UPLINK FACTOYRで上映された「白日」のイベントで、安藤さんとコントラバスの猿山修さんとのパフォーマンスは印象に残っています)。先日、エジプトのカイロで公演したそうです。安藤さんはいつも自然体で笑顔を絶やさないとても素敵な方。来年2月に黒沢美香さんと共演されます。

作品「jazzzzzz-dance」は1992年に初演をされて、今回で何度目かの再演。稽古場にあるリズムボックスから使った単純なリズムがはじめからほぼ終わりまで鳴り続き、ダンサーははじめから終わりまで踊り続ける。あの時代にはとても面白かったのだろうな~と感じ楽しめました。いろいろと解体され再構築されていると思いますが、やはり再演は難しいです。公演後に黒沢さんとお話ししましたが、11月中旬に東京都写真美術館で公演する新しい作品を観て欲しいと言われる。

本公演には「jazzzzzz-dance」の原形になった作品「偶然の果実」(1990年)から踊っているメンバーが4人(そのメンバーの一人吉福敦子さんは作曲家の生形三郎さんとユニットを組んで活動していて、先日、私も銀座のPepper's Galleryで観させていただきました)。ずっと踊り続けるのは大変なことだと思う。作品の途中で若手のダンサー3人が空気を変えるダンスを魅せる。加藤若菜さんの凛とした空気感がとても印象に残りました。3人はピンクというグループを結成して精力的に活動していらっしゃいます。11月9日BankART Cafe Live Series「横浜ダンス界隈#2」(以前、私が大野一雄展で坂田守さんと共演したイベントの第2弾です)に出演されます。今後の活躍が楽しみです。

公演後に石井さんといろいろお話ししましたが、11月25~27日新国立劇場の森山開次さんとの作品を楽しみにしていると…明日はリハーサル。音を磨いていい作品にします。

来往舎イベントテラス。天井が高く、ガラス張りの空間(上段はガラスが張っていなく風が吹き込む)。とても面白いスペースでここで音を奏でたいと思いました。このガラスを見ると、先日、Taguchiでサウンドチェックした61cmスーパーウーファーで震わせたくなる。一定に声を出すとヴィブラートがかかるほどの音響エネルギー。もう音ではないと思う。早く舞台で使いたいです。11月の新国立劇場にも導入できたら、面白い空気感をつくることができると感じています。実現したいです。

at 04:04│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字