2005年11月28日

新国立劇場主催のコラボレートする身体、「いぶき~奇蹟の大地~」の公演が無事終了いたしました。新国立劇場ならびにスタッフの方々、Taguchiに心から感謝いたします。音を奏でることに集中させていただいた音響の河田さん、吉澤さん、音響スタッフの方々、森山さんのマネージャー橋爪さんにとても感謝しています。また、連日たくさんのお客さんに観に来ていただきました。ありがとうございました。

公演最終日。早めに会場入りしてさとうじゅんことサウンドチェックを行う。昨日の問題点を解消する。ケーブルもTaguchiに制作していただいたPCOCCケーブルを用意する。やはり音の立ち上がり(スピード)が良くなり、より音の質感が感じられるようになる。本番に向けて準備が整う。

最終日は初日よりもさらにいい公演ができました。音、踊り、照明、衣裳…すべての力がぶつかり合ったと感じました。音も押しては引き攻めることができ踊りも生きました。これも卓(PA)で張り付いて、音場を一緒に動かしてくれたさとうじゅんこのおかげです。感謝しています。また、劇場でこれだけの音空間をつくることができたのは、私にとって楽器であるTaguchiの音響システムを導入できたからです。多くの方にリアリティのある音の空気、音の存在を感じていただけたと思います。実現してくれた新国立劇場、Taguchiにあらためて感謝します。ありがとうございました。

今日はゲネも観ていただいた津村禮次郎さん、写真家の森田拾史郎さん、suaraのガムランでご一緒している作曲家の藤原真紀さんと藤原直彦さん。舞台衣裳を手がける川口知美さん、ジャワガムラングループ・カルティカの森岡さん、片山さん。舞踊研究家の芳賀直子さん、P3の芹沢さん、ダンステアトロ21のダンサーの方たちが観に来てくれました。津村さんにゲネプロよりも、森山さんの踊り、宮崎さんの動き、音も数段よくなったと言っていただける。

14日の1回目の総見後からよくここまで仕上げたと思います。作品が大きくなり求められるものも高くなりました。これまでも自分の音には責任を持ち、自信を持って奏でてきましたが、勢いやセンスだけでは通用しないことを痛感しました。今回は森山さんとも一緒に苦しみながら作品をつくることができとても楽しかった。また、宮崎さんの存在が大きかったです。忘れられない公演になりました。最後も森山さんの踊りきった顔で挨拶する姿を見て感銘を受けました。劇場の進め方、心境地の音空間、音構成、そして、作品つくりとたくさんのことを学びました。ほんとうにいい経験ができました。今後に活かしていきたいと思います。より多くのことを学び、また皆さんとご一緒できる日を楽しみにしています。

次は12月16日UPLINK FACTORYで開催するart live - sound+dance+visual vol.6「抱擁する大気」です。UPLINKのHPにもUPされました。たくさんの方に観て聴いて体感していただきたいです。ぜひご来場下さい。よろしくお願い致します。

at 16:47│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字