2005年12月22日

16日UPLINK FACTORY。art live - sound+dance+visual vol.6『抱擁する大気』の公演が終りました。師走の平日にも関わらず、一般のお客さんをはじめ、多くの音楽家、ダンサー、美術家、映像作家、プロデューサー等の方々にご来場いただきました。ありがとうございました。

今回は作品の核を失い、まったく強度のない公演になってしまいました。本来、とても力強い作品です。心残りです。この場をおかりして、お詫びさせていただきます。申し訳ありませんでした。ご感想ご指導いただければ嬉しいです。

三浦秀彦さんの美術はシンプルでよかった。私が舞台上で使っていた机や椅子は、すべて三浦さんがデザインして制作してくれました。映像は時間軸、空間性をさらに深めて、パフォーマンスに慣れれば可能性があります。映像作家の三宅流さんに「映像のあり方がよかった」と言っていただき“ほっ”としました。JOUさんとボヴェ太郎さんのダンスは、個々としてはいいパフォーマンスをしましたが、作品としてディレクションできていませんでした。BABY-Qのダンサー山本泰輔さんに、味覚や触感といった質感のパフォーマンスだったと言っていただけたのは嬉しかったのですが、今回の問題点を、今後の課題にして次に繋げたいと思います。

私個人としては、Taguchiの宮崎康之さんにご協力いただき、小さなスペースならではの、肌で感じられる音を奏でることができました(しかし、構成は甘かったです)。TaguchiのメインスピーカーCMX-1309(使用ユニット数:ATA4025-TWEETER×36個、LX131A-WOOFER×9個)が2本。ウーファーSW-3801(JBL2226H-38cm-WOOFER×1個)が2本。卓はsound craft。とてもバランスが良かったです。公演後に、UPLINK代表・浅井氏にTaguchiスピーカーを導入して、これまでで一番いい音で新鮮だった。上からも下からも正面からも後ろからも、音が立体的に感じられてよかったと言っていただけました。マルチトラックではなくステレオ(2ch)で、立体音響空間を感じさせるための、音つくりを目指しています。作品全体は納得いかなかったのですが…少し嬉しかったです。今後、新生UPLINK FACTORYで、Taguchiスピーカーを生かした、音楽だけのイベントもやっていきたいと思っています。

『抱擁する大気』。今後、いい作品にするために、もう一度客観的に見つめ、作品を再構築し、あらたに公演する予定です。厳しく見守って下さい。今後もproject suaraをよろしくお願い致します。

at 05:14│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字