2005年12月30日

28日。川崎市役所にTaguchiの田口さんと、ヒビノの宮本さんとで伺いました。先日、元神奈川県立南高等学校で、打楽器奏者の加藤訓子がプロデュースしたミュージックシアター「浄土」公演に、Taguchiが機材協力された時に繋がったそうです。川崎市は「音楽のまち・かわさき」と謳い、積極的に音楽を支援しています。今後、川崎市でも活動していきたいです。

打合せ後に、東銀座のPepper's Gallerlyにピンクの作品「子羊たちの遊覧船」を観に行きました。小さなギャラリースペースを、3人で踊りきった1時間の作品。面白かったです。特に加藤若菜さんの凛とした存在感はとても貴重だと感じました。いつかご一緒できれば嬉しいです。しかし、音はずっと耳を塞いでいなくてはいけない状態でした。踊りの空気感があまり伝わらず少し残念。特に小さなスペースでは綿密な音場創成をしなくてはなかなか厳しいと思いました。今後のピンクの成長が楽しみです。

今日は音楽家の生形三郎さんも観に来ていて、帰りに舞台音楽について語る。4月に生形さんはダンサーの吉福敦子さんと、本日の会場だったPepper's Gallerlyで公演しました。その後、韓国、北海道、福井県でも共演し公演されました。今後の生形さんの活動にも注目したいと思います。

at 07:26│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字