2006年02月11日

9日。高円寺のBABY-Q Dance Lab.で、art live - sound+dance+visual vol.7『セクエンツィア~さひづる庭』公演のリハーサル。最後の20分強の音を10分に構成し奏で、東野さんに踊っていただきました。久しぶりに東野さんの踊りに触れ、日々、身体を磨いている姿勢を感じ感動する。小林和史さん、甲斐さやかさんも衣裳美術のイメージが浮かんだようで…ほんとうに楽しみです。また、兼古昭彦さんは映像プランを3Dで描いてきてくれました。空間をとてもイメージできる絵で、今後の作品つくりの参考になります。

また、12日からオーストラリアで、作品つくりをされる高橋啓祐さん用に、オープニングから10分、中間前半部分の10分、後半10分の音をまとめた暫定版CDを制作しました。夏のオーストラリアで聴いていただけるとのこと…何だか嬉しいです。今後、音の細かい編集、構成のシャッフル、再構築はありますが、この時期に一度、音を落とせたのは、今後のクリエーションにはよかったです。もちろんまだまだこれからですが…。

アートディレクション三浦秀彦さんのデザインしたフライヤーが完成しました。本公演の顔になります。絵からはサウンド・映像・ダンスがせめぎあう時空を感じます。なお、近日中にHPで特設ページをUPする予定です。こちらも楽しみにしていて下さい。

dec5d9b8.jpg




at 07:19│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字