2006年02月26日

21日は、みなとみらい線日本大通り駅にあるZAIM(旧関東財務局)にも視察に行きました。3月4日。BankART1929主催「横浜ダンス界隈 番外編」の企画に参加させていただきます。ZAIMではlive installationで作品『the sore』を発表します。ダイレクターにさとうじゅんこ、アートディレクションに三浦秀彦さん、音響システムはTaguchiの田口さんに全面的にご協力していただきます。真っ白なペンキが塗られた10畳ぐらいの部屋で、ドアから向かって奥側の壁だけが、昔のままの姿(1927年建造)で残っている。場を感じて空間デザインや音響システムのプランを構想する。他の部屋でも同時に作品を発表するので、あまり大きな音を奏でることはできませんが、サブウーファーも導入していただけることになりました。私の音はレンジが広くないと空気感が充分伝わらない。田口さんに感謝しています。今後、このZAIMで作品を仕上げていきます。ぜひ体感しに来て下さい。無料公演です。

23日。天王洲アイルで「ダンスがみたい!8批評家推薦シリーズ」でご一緒する神村恵さんと打合せ。8月15日(or16日。現在調整中)に麻布DIE PRATZEで公演します。これまでとはまったく異なるダンサーとの競演です。何を引き出せるのか、何を引き出されるのか…とても楽しみです。この出会いを大切にしたいと思います。

今日はスフィアメックスで開催される「踊りに行くぜ!! vol.6」公演に、「art live - sound+dance+visual vol.7」の宣伝に行ったのですが、主催であるJCDNの佐東さんと水野さんと、私の活動についてお話しをする。以前から音楽家とダンサーの企画をされているそうで、とても興味を持ってくれた。いつかご一緒できると嬉しいです。私も東京や横浜以外でも公演したいです。また、ギタリストの松本じろさんが尹明希さんとリハーサルをされていたので通しリハーサルを拝見する。もっといい環境でギターの音色を聴きたいと感じる。7月15日にUPLINK FACTOYで公演する、第22回<東京の夏>音楽祭2006「live installation - sound+dance+visual vol.8」のお話しをする。この公演でご一緒できると嬉しいです。

at 02:41│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字