2006年06月14日

11日。両国のPhilippe Chatelain氏の自宅で、6月23日(金)に北青山の原宿教会で開催する、ラップトップオーケストラ&石川高(笙)の『1「000」 breath「s」 - 一息、千息』のリハーサル。私はラップトップオーケストラのメンバーとして出演します。本日のリハーサルにはオーガナイザーのPhilippe Chatelain氏をはじめ、Christophe Charles氏、Mayu Tsuzaka氏、そして、笙の石川高さんが参加。石川さんは、先日、テリー・ライリー氏が来日した時に出演されていて、いつか共演したいと思っていました。今回、実現して嬉しいです。

リハーサルで、石川さんに笙を奏でていただき、その音色を取り込み、一人、二人…全員で、リアルタイムで音を奏でいろいろな可能性を探る。最後に、全体を構成する為に、石川さんにいろいろなバリエーションで奏でていただく。声、喉、息…などなど面白い。皆が帰った後に、私とPhilippe Chatelain氏で作品の構成をする。本番がとても待ち遠しくなりました。

会場となる原宿教会は2005年11月に建てられました。建築はフランスと日本のCRCによるものです。天井には6つの波…今回のラップトップメンバーは6名で、他のメンバーはAkihiro Kubota氏、Satoshi Hattori氏です。映像でDaito Manabe氏も参加。音響システムはImage Linksによる多面体・無指向性のスピーカーGLOBO-D10を6本、それぞれ演奏者に1本ずつです。本公演でお客さんは演奏者に囲まれる舞台になります。ぜひ、この素敵な教会で音を体感しに来てください。

a8ff2c58.jpg
 d515fc57.jpg


at 02:31│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字