2006年06月30日

23日。天井の波が美しい真っ白い原宿教会で、ラップトップオーケストラのメンバー(フィリップ・シャトラン、クリストフ・シャルル、久保田晃弘、津坂真有、服部知、そして、私の6人)が、石川高さんの笙の音を取り込み音を奏でました。前半と後半の2部構成。1部でははじめて体験する多面体のスピーカー、自分以外に音を奏でる人が5人もいたので、なかなか全体をモニターすることができず、何もしないで終ってしまった感じでした。構成はラップトップメンバーを時間でコントロールして、いろいろな組合せをしてみましたが、作品としては、もっと石川さんの笙の音を軸に、それぞれが異なる周波数を重ねて虹のような美しい色を出したかったです。

2部は石川さんの吹くバリエーション(声、喉、息など)で時間軸を構成させていただきました。それぞれが構成を感じ、少し持ち味を出せたのでは…。石川さんの集中力には驚かされました。私は笙の音を大切に低域を抽出したり、中域のみを奏でたりと、呼吸のように出入りを楽しみました。シャルルさんのやさしい音はしっかり感じることができました。シャトランさんは意外性のある音を奏で楽しんでいる様子が伝わりました。服部さんは奥の天井が低いところにスピーカーがセッテングされていたので、私にはほとんど音が届かなかった。天井の低いところに音は吸収され留まってしまうので、そこは息苦しい場(空気感)になる。また津坂さんは私と反対側だったのであまり届かず、久保田さんも少し離れていたので断片的にしか聴こえなかった。無指向性のスピーカーでしたが、本領は発揮できなかったと思います。

今回、はじめてラップトップメンバーになり、楽しみましたが、課題も多々見つかりました。音響プラニングをしっかり構築する必要もありますが、メンバーそれぞれの特徴を生かした構成が大切です。久保田さんをはじめ、はじめてご一緒する人たちや、スタッフとしてお手伝いしていただいた人たちとのいい出会いもあり、今後も積極的に参加していきたいと思っています。このような機会を与えていただき、シャトランさんに感謝しています。また、映像で参加した真鍋大度さんとも久しぶりにご一緒して、今後、何かしようと話す。今後が楽しみです。

今日はさとうじゅんこ、デザイナーの三浦秀彦さん、音楽家(トランペット奏者)の川村裕介さん、映像作家のルドさん、ダンサーの小畑さん、今度、ヨガのDVD作品でご一緒する、ホットヨガのインストラクターで、Yuga5108の代表である大岩公望子さんなどが聴きに来てくれました。ありがとうございました。ひとつひとつの公演を大切にしていきたいと思います。

また、今回、この素敵なスペースで演奏を実現させてくれた教会の代表・岡本さんにも感謝します。いろいろお話しできたのですが、教会の音響はご自分でプラニングされたそうです。壁に指向性の平面波スピーカーを埋め込んでいて、神父さんの声がしっかり心に響くようにつくられていました。今後はパイプオルガンの演奏会なども開催していくとのこと。一度、青山にある原宿教会を覗いてみてください。

at 03:37│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字