2006年07月29日

25日。suaraスタジオにて、8月16日麻布ディプラッツで公演する『うろ』の打合せ。ダンサーの神村恵さんと美術の甲斐さやかさんが来てくれる。作品『うろ』は会場であるディプラッツという空間を感じて構想しました。以前から、舞踊評論家の石井達郎さんと麻布のディプラッツはなかなか面白いと話していましたが、先日、舞踏家の室伏鴻さんの公演を観に行った時に、やはり面白いと感じ、会場の特性を掴み、ずっと作品『うろ』の音構成をイメージしていました。そして、前日、一気にまとめました。

音、美術、踊り、それぞれがそれぞれの『うろ』で構成してお互いに投げる。まず音の文脈を時間軸から聴かせていきおふたりに時間で移り変わる空間をイメージしていただく。次に甲斐さんの感じているビジュアルからの『うろ』を話してもらう。衣裳が美術に、美術が衣裳になる。本公演では神村さんの定番となっているTシャツ、ジーンズ姿ではないのでそこも見所です!そして、神村さんの踊りの『うろ』を伝えてもらう。神村さんらしくもあり、新しい何かを求めている動きもある。大きなイメージを持って動きを考えている。音も美術も踊りも、リハーサルを重ねることによって作品を構築していく人たちもいますが、イメージすることが何よりも大切。しかし、イメージするにはそれ相当の技術も経験も必要になる。

私も以前は音を奏でながら磨き、全体の音構成を考えていましたが、技術が高まり、経験を重ねることによって、いつでも欲しい音、空間を獲得することができるようになり、イメージする時間がとても長くなった。そして、一気に音を構築していく。また、可能な限りライヴパフォーマンスで音を奏でるので、本番ギリギリまで、本番中もどんどん音を磨くことができる。これはこれでとても責任を負うことになりますが、より作品を高めることになります。また集中力も比べられないほど高まります。その瞬間、音も美術も踊りも新しい何かが生まれる。これからもこの方向性を大切に、また、その先を見据えて勝負していきたい。そして、ご一緒する人たちとも、この次元でせめぎ合っていきたい。

『うろ』とても面白い作品になります。そこにいる人たちをいろんな空間に連れて行きたい。ぜひ体感しに来て下さい。『うろ』のHPに、sound+dance+visualでご一緒している、三浦秀彦さんがデザインしたフライヤーの画像データを置きました。三浦さんは「密度を増した時に発する熱のようなものを闇のなかに表そう…と」デザインしてくれました。この異色の組み合わせはなかなか観られるものではありません。ぜひお時間つくって観に来て下さい。公演後は私と神村さん、そして、石井達郎さんでアフタートークがあります。お楽しみにして下さい!チケットのご予約お待ちしております。よろしくお願いします。

at 01:06│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字