2006年11月19日

本日(19日)。青山スパイラルホールで『生のものと火を通したもの/闇の碧』の公演です。約1ヶ月続いた、ダンス トリエンナーレ TOKYO 2006の最終日です。本公演には重信芳光さんの音響プラニングで、Taguchiにご協力いただき、メインhighスピーカは、ラインアレイCMX1312を4本。メインlowスピーカは、46cmを2本と、38cm×2を2本、また、仕掛けのlowを38cm×2を2本(lowだけで、46cmユニットが2本と、38cmユニットが8本です!!!)。アンビエンススピーカは、森山開次さんの『KATANA』公演でも使用した、UFOを逆さにしたような反射板が付いた五重塔(13×5連+Tw)を2本です。青山スパイラルホールを音の渦で包み込みたいと思います。美加理さんのパフォーマンスは特異なもの。この競演を体感しに来てください。

11/19(日) 18:00開演

美加理×種子田郷(日本)
『生のものと火を通したもの/闇の碧』

構成:美加理、種子田郷
振付・出演:美加理
音楽・ライブ演奏:種子田郷
衣装デザイン:高橋佳代
衣装製作:岩崎晶子
照明:片田光彦(青山劇場)
音響デザイン:重信芳光(TOPS)
音響システム:Taguchi
協力:さとうじゅんこ、ク・ナウカシアターカンパニー、大石多佳子
会場:青山スパイラルホール

この世の、生のものと火を通したもの。
それらの割合がちょうど良く、団子になって近づいてくるものを、
私は、にほんばかりの足で立ち、巨大な呼吸器と共に、味わいたい。
- 美加理 -

いったい誰の記憶だろう。
この忌々しくも馨しい所業。
血を交わし肉を分け合うあわいの宴。
やがて闇の訪れるとき、
真紅(まあか)に轟き脈打つ宙(そら)が、
遙までみえる。
- 種子田郷 -

同時公演:マシモ・モリコーネ(イタリア)
『#06 & #07 FAT_MAN/LITTLE_BASTARD』

インタビュー
http://www.shibuyabunka.com/special/200610a/index2.html#taneda

会場でお会いできるのを楽しみにしています。

at 01:11│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字