2006年12月26日

24日のクリスマスイブに横浜界隈のZAIMでライブ。ZAIM 別館2階ホールに、Graphical Soundの重信芳光さんが80年代のビンテージ卓(PA)を導入。卓のなかの配線をPCOCCケーブルに換え、電源を調整し新しいものに改良し蘇らせる…凄い仕事だ。ビンテージアナログの卓は、音を奏でると音の芯がしっかりしていて、デジタル卓や、現在、出回っているアナログ卓との差は歴然です。今回もTaguchiのラインアレイや平面波スピーカー、アンビエントスピーカーに、61cmのスパーウーファー等をプラニンング。この環境で音を奏でることに心から感謝します。

まず、私のソロ演奏。今回はマルチではなくステレオで奏でる。空間もシステムも変わって、音を奏でながらどんどん音をエディットしていき身体で感じる。後ろから追い込むような音が、少し物足りなかったので今後の課題にしたい。演奏するたびに学ぶことが多い。次にギタリストの阪本剛二郎さんが率いるABSINTEの演奏。イタリアでご一緒する前に、阪本さんのやりたいことが伝わった気がする。3人はそれぞれの間で、3人だけの間をつくろうとしている。最後に私とABSINTEの共演。私が旭川の上川神社でフィールドレコーディーングをした音で包み、鋭利な音から彼らを呼び込む。たった10分間ほどの共演でしたが、もう少しお互いの音に耳を傾けることができれば、面白いものになると感じる。

ライブ後に、別館1階ホールに、宮本宰さんと田口和典さん、そして、さとうじゅんことによる、サウンドインスタレーションと多重唱再生&生アカペラ歌唱のコンサートを体験する。((( 『音の森』 Sympho Canvas vol.3 featuring さとうじゅんこ ))) さとうじゅんこが、グレゴリアンチャント、Ave Verum Corpus、Adeste Fedeles等を、24chのコーラスを録音(1曲に24トラック分のコーラスを録音!!!)。そして、宮本さんの音つくりによって、とてもリアルで荘厳な音世界をつくりあげました。そして、さとうじゅんこは生ピアノと生歌で、インスタレーションをコンサートに変えてしまいました。宮本さんは「これまでのSympho Canvasで一番幸せだった。これがやりたかったのだ…」と、コンサート終了後も、繰り返し音を奏でていた。私もとても嬉しくて、音の森にマイクを置いて、その空気感を録音させていただきました。田口さんもさとうじゅんこもとっても幸せそうだった。今後も3人で継続してやっていくそうなので、次の作品がいまからとても楽しみです。

今日は2月にUPLINK FACTORYで競演する、バリのガムラン奏者で作曲家のデワ・アリットさんと、MANOHARA(マノハラ)代表の久保田広美さんが聴きに来てくれました。また、デザイナーの三浦秀彦さん、長唄三味線の山尾麻耶さん、森山開次さんの『KATANA』公演でお世話になった、ダンサーの梅村祥子さんなどが顔を覗かせてくれました。そして、NPO法人のコミュニティアート・ふなばし(アサヒ・アート・フェスティバルなどで活動)理事長の下山浩一さんも遊びに来てくれました。下山さんが「鳩の目日記」にコメントを書いてくれましたので、ぜひ読んで下さい(ありがとうございます)。ライブの様子が伝わります。

今後もZAIMで出会った人たちと、作品をつくっていきたいと思います。横浜は少し遠いイメージがありますが、渋谷駅からみなとみらい線で、35分でZAIMのある日本大通りに着きます。ぜひ一度、足を運んで下さい。この素晴らしい音を体験していただきたいです。次回は来年1月13~20日にsound installation作品『poly-graph』を展示します。皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。

at 00:10│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字