2007年02月27日

22日。ミラノ最終公演。project suaraはジェノバの初日(13日)公演から、次の公演までとても長い間が空いていました。その間、ジェノバでは旧市街を歩き回り、ケーブルカーを使ってジェノバを一望できる一番高いところに登り、そのまま山を歩き廃墟となったお城を観た。地中海に触れ、街の教会にも足を踏み入れた。ミラノに着いてからも街を走る路面電車や教会の音響に耳を澄ました。そして、約3時間ものフィールドレコーディングができた。これからじっくりイタリアの空気感を味わいたい。

…と、観光をしつつも、作品「まほろのやみ / vision in black」の音を磨きながら、再構成を繰り返していた。ミラノのセスト・サンジョバンニに入り、すぐ劇場のスパツィオ・ミルでサウンドチェックができたので、音場を感じながら音を再構築してきた。スパツィオ・ミル劇場は、機関車の工場を改造したもので、少し横浜の赤レンガを感じさせるが、縦長でコンクリートの床を少しバウンドする残響がある。我々は難しい音響空間こそ腕が鳴るし、これまでの経験や技術でよりいい音場つくりができる。

しかし、長い休みはモチベーションを保つのが難しい。ダンサーの神村さんはジェノバ公演から深いトンネルに入ったような雰囲気。ギターの阪本さんは慣れない舞台作品に気持ちが乗り切れていない様子。私とさとうじゅんこは、公演が終るまではと、神村さん、阪本さんをはじめ、他の共演者と少し距離を置いて舞台に集中しようとしていた。それが神村さんや阪本さんとのコミュニケーション不足にもなっていた。

22日の朝のリハーサル後に、なぜ、この作品に神村さんの身体が必要なのかをシンプルに伝えた。神村さんの在り方が何よりも大切。さとうの原点に戻ろうという言葉は私にも響いた。神村さんが少し吹っ切れた感じがした。阪本さんは私の音にどう応えてくれるか。日が落ちるまで、神村さんが英語でイタリアの照明家にどんどんプランを伝える。明るい中でもイメージが伝わりとてもいい感じだ。音もとても良くなってきた。さとうは集中している。阪本さんのギターはイタリアの音響家には理解できないのか、機材が心配なのかボリュームを下げろと言われる。

日が落ちて、本番当日にはじめての通しリハーサル。この悪条件のなか最高の舞台にしようと集中する。照明は舞台上のスポットという感覚を捨て、音が空間を包み込むような、空間全体を浮かび上がらせる明かりができた。神村さんが舞台の後ろにある太いパイプを使って素晴らしい明かりをつくった。空間を大きく大きく使う。阪本さんのギターはやはり音量が問題のようで、音響家が飛んで行ってアンプのボリュームを調整してしまう。本番が少し心配だ。私の音は少し控え目に奏で細かい調整を繰り返す。

21時を過ぎていよいよ本番。やっとここまできたという感じ。初日、二日目の倍のお客さんが入る。井田邦明さんがミラノで教えている演劇学校の生徒さんもたくさん観に来てくれているようだ。作家で舞踊評論家の乗越たかおさんもとうとう楽日だと呟く。

本番。さとうじゅんこは静かに舞台に立つ。さとうの集中力はほんとうに凄い。すべてを引き寄せる力がある。歌もこれまでに聴いたことがない心の響きとなり言葉となる。神村さんは本来の身体を取り戻せたよう。しっかり舞台に立っている。強い。音を奏でながら、これが神村さんの良さだと感じる。神村さんの舞台での在り方が好きだ。阪本さんのギターは、ボリュームを下げられたこともあるが、ジェノバ公演と比べてエネルギー感は失われた。…が、本人は何だかすっきりした様子。舞台作品とライブでの在り方を、何か自分なりに感じられたのだろうか。次はライブで競演したい。私の音は本番に取っていたとばかり攻撃的に奏でる。ジェノバ公演ではあまりできなかった音の空気感を、《ま》を感じさせることができた。それは、音、歌、声、身体が、それぞれの強度を保ち、作品「まほろのやみ / vision in black」の間をつくることができたからだ。お客さんの反応もジェノバの時よりもさらに良くなり、イタリアのお客さんはとても正直だと嬉しくなる。

公演後にCD『sketch 2006』を販売していただきました。会場でも求めていただいたのですが、さとうとホテルに帰る途中に、車が止まり「CDが欲しい」と、また「あなたの歌は素晴らしい」「あなたの音も良かった」と言われた。何だかとてもニコニコしながら残りの道をふたりで歩いた。ホテルに着いて、井田さんや乗越さんをはじめ他の共演者たちと乾杯する。イデビアン・クルーはジェノバ公演で帰国し、昨日、砂連尾理さんと寺田みさこさんは帰っていなかったが、このイタリア公演を共にした、康本雅子さん、三浦宏之さん、ユン・ミョンフィさん、神村恵さん、阪本剛二郎さん、そして、さとうじゅんこ。いろいろあったが皆すっきりしたいい顔をしている。井田さん、乗越さん、そして、共演者の皆さんに感謝します。凱旋公演はあるのかな…。また、ご一緒できる日が楽しみです。ありがとうございました。

さて、ここは日本。3月21日(水・祝日)。横浜界隈のZAIMで開催するSoundDanceVisual vol.9「蛹」を進めていきます。近日中に詳細をUPしますのでお楽しみに!また、3月16~18日。さとうじゅんこが構成・演出する、能美健志さんのソロ公演『ビオトープ』の音つくりにも集中します。どちらの公演も楽しみにしていて下さい。

at 00:46│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字