2007年06月30日

23日。横浜界隈のZAIMで宮本宰さんの「音の森 Sympho Canvas」を聴きに行く。第一部は全曲聴けませんでしたが、第二部の「シンフォキャンバスへのご招待」を、宮本さんの解説と共に楽しみました。ステレオとの比較はとても興味深かったです。シンフォキャンパスでは、歌い手がすぐそこに(目の前に)立って唄っているようでした。宮本さんの目指す音の空気感を少し体感できることができました。次回は5.1chとの比較をしていただけるとのこと。楽しみです。

終了後に、ON-COOのメンバーと打合せ。project suaraが横浜市に3年間お世話になった横浜市創造的芸術文化活動支援事業を、今年度からON-COOが共催していただけるようになりました。ON-COOが外に向けて発信するいい機会になると感じています。私はアーティストとして参加させていただきますが、これまでの経験を生かして、大いに協力していきたいと思っています。今年度の活動は、日程はほぼ決定していますが、今後、正式に決まりましたら、詳細をご報告したいと思います。楽しみにしていてください。

先日、ON-COOの打合せ後、Taguchiの田口和典さんが新しく開発されたモニタースピーカーF-1302を、suaraスタジオに導入させていただきました。スピーカーユニットは、LEEDの『LW130H6』(アルミハニカム平面振動板130mmウーハーユニット)が2発。そして、リボンツゥイーターをデザインしています。箱は田口さんとBJ-ELECTRICの石河さんが開発したVSA1302-tw2より少し大きめで美しい木目調の黒。

9e7e1b16.jpg

photo by junkosatoh


さっそく音を奏でてみましたが、田口さんの「これを使ったら他は使えなくなる」の言葉通り、クリアーな音像は衝撃でした。音が空気に触れ皮膚に身体に…ものすごいスピードで到達するのを感じました。田口さんが「これで音を制作していると、ライブや舞台でもこれを使わないと物足りなくなる」とも言っていましたが、確かにモニタースピーカーで、ここまで低域の質感をダイレクトに感じさせるものになかなか出会えない。ZAIMで開催した「sonotectural4d vol.1」で、F-1312(アルミハニカム平面振動板130mmウーハーユニット×12発)を使用して『sketch 2006』を演奏しましたが(この時はステレオではなく4chで演奏)、これまでで最高のパフォーマンスが出来たと感じていました。まさにこのユニットだったのですね。

シンフォキャンパス展で、このユニットを開発されたLEEDの江夏さんとお話しさせていただきましたが、ユニットに使用されている平板振動板(航空機などにも使用されているアルミハニカムを振動板に採用。軽量で剛性が高いので、入力信号に対するレスポンスが良く、明瞭度の良い音質を実現)に採用されているアルミハニカムが、なかなか入手できないのでとても貴重だそうです。特徴として「振動板が平面のため、振動板の放射音波は全面同じ面から同じ距離のベクトルで、お互いに影響しにくいため、極めてきれいなクリアーな状態で、平面駆動により遠くへ達することができる」とのことで、大きなホールなどで使うと最大限の威力を発揮するそうです。今後、機会があればどんどんプラニングさせていただきたいと思います。なお、シンフォキャンパスでプラニングされているREXスピーカーのユニットも、LEEDの『LF080H1』(アルミハニカム平板振動板80mmフルレンジユニット)が採用されています。

先日まで、このF-1302をBJ-ELECTRICの石河さんが開発した、手のひらサイズで20Wのアナログアンプを使用していました。イタリアのfelmayというレーベルからリリースされているジャワガムランのCD「Gamelan of Central Java」を聴いたのですが、この小さい姿(ワット数)からは想像もつかない音を、本来もっている音のエネルギー感を体感することができました。このアルバムは、いままで聴いてきたガムランのCDでは最高の録音なのですが、ゴングのうねりを感じられたのははじめてでした。あらためて、F-1302の凄さを実感しましたが、石河さんのアンプに音の深いぬくもりを感じました。つい先日、このアンプとは別物ですが、BJ-ELECTRICが「小さなアンプ、大きな贅沢」という新製品のオーディオアンプ《SM-P1(仮称)》を発売されました。石河さんのつくるアンプは、純粋な音の空気感を感じることができます。ぜひ一度試聴していただきたいです。

ON-COOプロジェクト=音響空間研究会。素晴らしい音響家が集結しています。ご一緒できることに感謝しつつ、私たちは音を磨きあげ、お互いに切磋琢磨して、いい作品つくっていきたいと思います。今後の活動が心から楽しみです。

at 02:16│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字