2007年08月31日

25日。新宿で、来年2月に公演予定の作品でご一緒する方と、舞踊評論家の石井達朗さん(石井さんのインタビューが掲載されています)と会食。前回の公演の厳しい感想を聞き、今回は音と身体が絡み磁場が生ずる作品を観たいと言っていただきました。力強い作品をつくりたい。また、日本の儀礼についてもお話ししましたが、今後、岩手で行われる黒森や早池峰の神楽を一緒に観に行こうと盛り上がる。実現させたいです(去年、ドキュメンタリー映画『面打』でご一緒させていただきました、映画監督の三宅流さんが、愛知芸術文化センターオリジナル映像作品のため、5月から岩手県北上市に拠点を置いて、東北を舞台にしたドキュメンタリーを制作しています。先日も電話で神楽やししおどりのお話しを聞かせていただきましたが、映像を観るのがとても楽しみです)。会食後に、ご一緒する方と長時間に渡り打合せ。しっかりコミュニケーションを取って、じっくり作品をつくっていきたいと思います。

打合せ後に、タワーレコード新宿店・9Fの“new age”の池田さんに会う。去年の11月にリリースした『sketch 2006』を、約6ヶ月も試聴機に入れていただいていたのですが、現在、世界を代表するアーティストたちのコーナーに、ジャケットを展示してくれていました。そして、いまも途切れることなくコンスタントに出ているとのこと…とても嬉しいです。また、今後も引き続き展開していただけるそうで、ほんとうに感謝しています。多くの方に聴いていただきたいです。次回のリリースについてもご相談しましたが、前回以上に、いいかたちで発表したいと思う。

at 01:20│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字