2007年09月17日

13日。横浜の吉野町で、さとうじゅんこと能管の録音をする。オイリュトミストの松山由紀さんが、10月にドイツで開催される、オイリュトミーのフェスティバルで公演する作品の音楽です。オイリュトミーは「目にみえる言葉の芸術」「目にみえる音楽の芸術」と呼ばれており、音楽や語られた言葉そのものを動きとして表現する芸術です。日本のオイリュトミストとしては舞踏家・笠井叡さんもいる。笛は、三宅流さんのドキュメンタリー映画で収録した「光の素足」(この時はシンプルに唄いと笛のみの構成)でご一緒した松田弘之さんです。能管の音は衝撃波なので、録音はとてもとても難しいがいい録音をしたい。

さっそく、松田さんに演奏していただきホールの響きを確かめつつ、マイクを2本セッティングする。1本はステレオでホールに共鳴する笛の空気感を、もう1本はモノラルで、笛から直進的に放たれる音のエネルギー感や松田さんの息づかい“気”までも取り込みたいと思う。どれだけリアリティのある音を録音できるかです。

1回目は松田さんのエネルギー感が伝わる鬼気迫る演奏でした。すごい集中力。少し間をおいて、もう一度、録音することにする。2回目はホールの空調を止めて、照明も少し暗めにしていただきました。松田さんはさらに集中力が増したようです。出だしは1回目よりも静かに奏でられる。いい感じだ。後半は途中、何度も何度も風が舞うような感覚を味わう。ほんとうにいい演奏だった。松田さんは、握力が弱くなって、何度か音が抜けてしまったと言っていましたが、私は2回目の演奏が好きだった。いい録音ができたので、皆も安心した様子。今後、ステレオとモノラルのミックスをして、本番までに音を構成していく。とても楽しみだ。松山さんの作品も楽しみです。

録音後に、皆で少し遅めのお食事をいただく。松田さんの笛を拝見する。300年もの歴史がある笛をお使いになっていて、笛に触れましたが、それはもう恐ろしい(!?)の一言でした。前田のお殿様由来のもので、大聖寺に80年も眠っていた笛だそうです。松田さんの前には十数人の方が使っていた(演奏していた)そうで…いろんな想いがつまった笛なのでしょうね。松田さんがこの笛と出会った時、箱は虫に食われて原形を留めていなかったらしく、笛も吹く穴や押さえる穴が広がり、ほとんど使える代物ではなかったそうです。その部分に漆を重ねて蘇らせたとのこと。松田さん自身は17年ほどお使いになっています。能管は竹でできているのですが、内側はただの空洞ではなく、石と漆で埋まっていて、空気のとおり道が狭まって、息で音を吐き出す感じだそうです。だから風が舞うようなうねりを感じたのですね。とても贅沢な体験でした。このような楽器と共に生きていくには、相当な覚悟が必要なのだと思います。

今後、また新鮮な気持ちで能の舞台を拝見できます。今日は楽しい一日でした。このような機会をありがとうございました。

at 03:09│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字