2007年09月25日

17日。11月に開催予定のON-COOプロジェクトによるシンフォキャンパス コンサートの会場で打合せ。代表の田口和典さんと音響家の宮本宰さん、そして私が参加。会場の担当者との打合せが主でしたが、遅れている広報などもご協力いただけるとのこと。とても心強い。感謝です。なかなか詳細を発表できないのが歯がゆいのですが、作品つくりは進めています。project suaraのシリーズ公演「sound+dance+visual」でも、音楽が全体の構成をして作品の核となっていましたが、今回はさらにシンプルになって、音楽作品の色がより強くなります(もちろん時空間作品ですが…)。ただ、この美しい空間をさらに生かすためにも、美術や映像はとても大切です。イメージを膨らまして作品をつくっていきたい。

宮本さんが打合せ中に、Taguchiのスピーカーから奏でられる音の響きを感じて、ここは天井に音を反射させても充分使えると笑顔。天井が高い会場なので、そこを生かした音つくりをしたいと思っていましたが、会場の特性上、スピーカーを吊ることが難しかったので少し安心しました。残響3.7秒。やはりこの空間の響きが好きです。そして、今回は64chマルチトラックの音響システム「シンフォキャンパス」です。私にとってもマルチの作品つくりは挑戦ですが、ほんとうに楽しみです。

宮本さんはヘッドフォン・ステレオや携帯電話のダウンロード音楽再生などがもたらす、矮小化された音楽の聴かれ方に危機感を覚え、本当の音楽の心地良さをあらためて見つめるべく音楽の再生音場の"空気感"に徹底的にこだわり、新しい音空間を表現する音響システム「シンフォキャンバス」を提唱して現在に至ります(宮本さんのプロフィールから抜粋)。また、現在も音響メーカーのヒビノで活躍中ですが、過去に横浜アリーナ、赤坂ブリッツ、横浜ブリッツなどの設備音響の設計・施工・コンサルティングを手がけ、海外アーティストのコンサート・イベント音響のプラニング&コーディネートをされています。宮本さんがこれまで手がけた海外アーティストを下記に記載します。私も聴いてきたアーティストばかりですが…

AEROSMITH, BILLY JOEL, BOB DYLAN, BOZ SCAGGS, BRYAN ADAMS, DAVID BOWIE,DEEP PURPLE, DOOBIE BROTHERS, ELTON JOHN, ERIC CLAPTON, EW&F, GENESIS,GEORGE HARRISON, GEORGE MICHAEL, GUNS N' ROSES, HUEY LEWIS & THE NEWS,IRON MAIDEN, JANET JACKSON, JEFF BECK, KISS, METALLICA, MOTLEY CRUE,PAUL McCARTNEY, PHIL COLLINS, PINK FLOYD, RINGO STARR, ROD STEWART,ROLLING STONES, SANTANA, THE WHO, TOTO, VAN HALEN, WHITE SNAKE, YES,YOKO ONO, Z.Z.TOP, and many more ...

ご一緒できるのはとても光栄なことです。音を磨きたいと思います。ぜひ、宮本さんの空気感を体感しに来て下さい。10月上旬にコンサートの詳細を発表します。もうしばらくお待ちください。

at 01:59│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字