2008年01月09日

皆さま。心あらたに始動されていると思います。私も新作CDのリリース、2月の美加理×種子田郷「Flowers'」公演、ラップトップオーケストラのワシントンDCでのライブ、3月のションフォキャンパスコンサート「森のサカナ」の準備を進めています。昨年は思い切ってできなかったことも多々あったので、本年は持ち前の強引さを遺憾なく発揮し、今後に繋がる活動をしていきたと思います。もちろん謙虚な心を忘れずに…。

新年は東京を離れて雪降る地で静かに過ごしました。ずっとその土地で暮らしている人にとって、雪はありがたいものではないのかもしれませんが、私にとっては真っ白な美しい心にうつり、自分自身への力強いエネルギーになりました。

そして、雪深い山に静かに佇む「折渡千体地蔵」に触れることができました。千体のお地蔵さんはそれぞれ顔も違うのですが、お地蔵さんの台座には一文ずつ異なる文字が刻み込まれていました。雪に埋もれてほとんど読めませんでしたが、千体のお地蔵さんでお経を奏でているのです。雪が積もり山道を歩くのもたいへんでしたので、すべてのお地蔵さんに触れることはできませんでしたが、雪深い山に響きわたる鐘の音はどこまでも澄んで雪に帰っていくのでした。この時の空気を胸にとどめて、何事にも新鮮な気持ちで取り組みたいと思います。

76ec450f.jpg


しっかり雪山の音をフィールドレコーディングしました。皆さまにもこの音に触れていただきたいと思っています。

at 01:53│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字