2008年02月16日

無事、ワシントンDCから帰国しました。今日はワシントンDCに出発前に行った、新作CD「vision in black」のマスタリングと、「Flowers'」(青山円形劇場)作品の総見について書きたいと思います。

6日。初台にあるKIMKEN STUDIOに、3月中旬にリリース予定のCD「vision in black」のマスタリングに行く。去年、KIMKEN STUDIOが引っ越してから、はじめて新しくなったスタジオに伺う。やはり、電源に拘っている。マスタリングは先月(1月)25日に終わっている予定でしたが、納得いかない個所があり、3月7、8日 BankART 1929 Yokohamaで開催するシンフォキャンパスコンサート「森のサカナ」公演に先行販売するには、この日にマスタリングを終え、その足でCDのプレス会社に入稿してギリギリ間に合うというスケジュールでした。この日に照準を定めて音つくりを進めていましたが、結局、昨夜は一睡も眠らず最終仕上げに集中していました。マスタリングの時間には遅れてしまいましたが、Kimkenさんはいつもの笑顔であたたかく迎えてくれました。Kimkenさんには前回のCD「sketch 2006」でもマスタリングをしていただきました。彼のつくる音楽も好きですが、ほんとうに信頼できるマスタリングエンジニアです。

今回はMacを2台、オーディオインターフェースも2種類用意して、直接、サウンドデータを取り込むことになりました。本作品ではどちらの音がいいか、私の耳だけではなく、Kimkenさんにも聴いていただきたかったのです。そして、どちらの意見も同じだったのでホッとしました。今回のマスタリングも前回同様に、EQをいじるわけではなく、一度、デジタル信号をアナログ信号に変換することに徹しました。アナログ信号に変換することによって、音がよりクリアーになります。また、音楽の空気感、音の空間性を損なわないように、音圧も触りませんでした。マスタリングが終わって、Kimkenさんは一言「いいですね」と言ってくれました。本作品では前回の作品とはある意味、相反する作品で、次に進むための挑戦と思っていましたが、「ええ。でも、やはり種子田らしい音です」と…。とても嬉しかった。自信をもってリリースします。

そのままマスタリングCDを持ってプレス会社に入稿する。今度は間に合いました。「森のサカナ」公演で先行販売します。店頭には3月14日か21日に販売が開始します。TOWER RECORDS 新宿店では、前回同様、パネルも展示していただけるとのことです。また、タワーレコードフリーマガジン「intoxicate」ではピックアップ記事を掲載してくれます。とても嬉しい。詳細が決定しましたら、あらためて発表させていただきます。新作CD「vision in black」をお楽しみに!

350141d7.jpg

ジャケットデザインはhidehiko miura(三浦秀彦さん)です。


CDの入稿を済ませ、その足で青山円形劇場に行く。今日は作品「Flowers'」の総見です。プロデューサーの小野晋司さん、構成協力のさとうじゅんこ、音響デザインの宮本宰さん、照明の片田光彦さん、衣装の岩崎晶子さん、ヘア&メイクの河西幸司さんとアシスタントの方も観に来てくれる。これから一緒に作品をつくっていく方たちです。美加理さんのムーブメントはとても集中していて、前回の通しリハーサルとは別物でした。中間から後半にかけては力も集約されていて、身体の在り方を感じることができました。今後の音つくりに大いに参考になり、この時期に総見をしてよかったと思いました。総見後は皆で遅くまで打ち合わせ。感謝です。次回はワシントンDCから帰ってからになりますが、美加理さんがどこまで精度を高めているのかとても楽しみです。

at 02:08│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字