2008年03月11日

3月7、8日。BankART1929 Yokohamaで開催したON-COO projectによるSympho Canvas(R) concert「森のサナカ」公演の当日配布したパンフレットに記載した代表の田口さんや出演者のコメントです。

シンフォキャンパスコンサート「森のサカナ」の開催にあたって

響きの良さで評判のBankART1929はON-COO(音響空間研究会)メンバー一同が『どうしてもやりたかった会場・・・』です。
音造りではオープニング当初からお手伝いさせていただいており我がON-COOの発祥ゆかりの空間です。音が主役のマルチチャンネルサウンドフェスティバルを数多く開催し世界に発信してまいりましたがここに集大成であるシンフォキャンバスが結実します。美しい真っ白な歴史的建造物で前回の『SUPERB SOUND RESORT』以来4年ぶりのコンサートが実現しました。「森のサカナ」は横浜市創造的芸術文化活動支援事業からの助成金を受けて行う念願の公演です。
BankART1929ホールにスピーカー×64chを配置し空間をデザインします。残響時間3.7秒の空間で世界一心地いい『音の空気感』を体感していただけます。
永い時間を掛けて周到に準備し完成させた世界初の音と映像の作品・初演です、新たな『音の宇宙・音の可能性』を実感していただけます。

素晴らしい音たちに囲まれ・簸たり、、、
音の森を泳ぎ・音の宇宙を飛び廻る・・・・人類初体験です、、、
是非ともお聴きとどけてください。

ON-COO(音響空間研究会) 代表 田口和典

一本一本のスピーカーの音の存在感を感じながらより自然でやわらかな音つくりに徹しました。心と身体を開放し耳を澄ましてお過ごしください。 種子田郷

この作品を通じてひとつひとつの音に思いをそそぐことの大切さをあらためて感じました。64本の音のシャワーが空気中にはじけぶつかりあい、まばゆい光を放つのをご覧いただければ幸いです。 さとうじゅんこ

音と音の間に潜む音の隙間...感じてくれたかい? 宮本宰

「森のサカナ」とは、森の木々をすり抜けていく風、大気の流れそのもの。大気に属す現象としての「音」を肌触りとして感じる原初的な体験。幼児期に無意識に感じとった自然観に通じる回路を開けたら良いと思います。 三浦秀彦

柔らかな木漏れ日を感じるように、風に乗った湿り気を受け止めるように、感情という肌にそっと触れる。音と映像が一陣の風となって創造の穂を揺らし、波打つ光が貴方の心を吹き抜けていく。 michi

at 19:47│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字