2008年04月04日

3月24、25日。半蔵門のTOKYO FM HALLに能美健志&ダンステアトロ21の新作公演「LISSAJOUS」を観に行く。会場は天井も高く響きもよくて音を奏でたいなと思った。

24日。初日。前日が徹夜だったのもありますが、定番のクラシックの曲に能美健志さんと軽部裕美さんデュオダンス作品だったのでしっかり感じることができませんでした。2004年に共演してからこれまで3作ほどご一緒してきたので、正直、次はこれなのかという気持ちも少しはあったのかもしれません。公演後に能美さんや軽部さんと話し最終公演も観ることになりました。帰りは衣装デザイナーの川口知美さん(COSTUME80+)とご一緒しましたが、本公演の衣裳も素敵でした。いまとても忙しいようですが、川口さんの舞台に対する姿勢を考えると当然だと思う。

25日。夜の最終公演にさとうじゅんこと伺う。今回は心構えもあったので、しっかり踊りを感じることができました。音楽は生演奏のピアノでデュオのダンス作品。何から何まで徹していてこれはこれでよかったのだと思いました。近年、新しいことに挑戦してきて、次に向かうために、いま一度、原点に戻ることが必要だったのだと思います。それでも楽曲に関してはもう少し構成してもよかったと感じましたが、軽部さんの静かで力強い身体に触れることもでき楽しい時間になりました。次に能美さんがどこに向かうのか何を魅せてくれるのか楽しみです。またいつかご一緒できる日までお互いに高めていければと思います。

at 16:10│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字