2008年06月13日

2日。渋谷のアップリンク・ファクトリーで、7月26日に公演するproject suara新作 音響音楽詩「PARADISO」の打合せ。歌い手のさとうじゅんこ、美術の三浦秀彦さん、トランペットの川村祐介さんが参加。今回はファクトリーという密な空間での作品。BankART1929 Yokohamaで公演した「森のサカナ」とはまた一味違う作品になります。今回はこの作品のために構築した独自のスピーカーシステムを導入し、繊細な音の空気感を表現したいと思っています。もちろんファクトリーに設置されているTaguchiのスピーカーも同時にプラニングします。

さとうじゅんこの祈りやうた、川村さんの息・声としてのトランペット、三浦さんの映像の要素を含んだ美術に、私のラップトップが対話し時間軸と空間性を構成していきます。なお本公演では、私のラップトップも三浦さんによるプログラミングでよりフィジカル的に演奏しますので、これまでにない未知の音を生み出せると感じています。四人の身体が奏でるライヴ。ほんとうに楽しみです。

edca3641.jpg


打合せ後に、アップリンクの鎌田さんにも参加していただき、今後のスケジュールを確認した後に、会場となるファクトリーを視察する。もう何度もパフォーマンスさせていただいていますが、この1年6ヶ月の間に防音の強化で床が変わり、壁や天井も真っ白い空間から茶系統の落ち着いた空間になりました。とてもいい感じです。ここでしかできない空間つくりをしたいと思っていますが、お客さまが4人を取り囲むイメージを描いています。今後、作品の情報などをHPに更新させていただきますので楽しみにしていて下さい。多くの方とご一緒に体感したいです。

at 01:03│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字