2008年06月30日

24日。青山のライヴハウス「月見ル君想フ」でさとうじゅんこが出演する乃木坂界隈のライヴでした。さとうはジャワガムランとうたを担当。摩耶さんは胡弓、三線、三味線、うた。スミヤントさんはジャワガムランとうた。ウロツテノヤ子は4人でバリガムランを担当。それぞれがどのように絡みひとつのものになるのか…。

今日も「月見ル君想フ」のスタッフは心地いい空気感をつくってくれました。本番前(私は出演しませんが)に美味しいジンジャーエールとみずみずしい野菜のご飯をいただきつつリラックス。乃木坂界隈は最後の出演なのでPICIDAEsmall colorのライヴを楽しみながら時間を過ごす。small colorはプロジェクターを二台使っていたのですが、手のひらでレンズを交互に塞ぎながらスライドのように絵を変えていました。アナログっていいな…と思う。PICIDAEはノルウェーのデュオでリラ(小型の古代型竪琴)やオートハープ、トランペットを演奏し歌う。気持ちよかったです。

乃木坂界隈の出番。2階からさとうが鈴を奏でながらステージへ。その後ろを摩耶さんが胡弓で越中おわら節を奏でる。ステージに着くとさとうと小谷野さんのマントラの歌声が響く。スミヤントさんのやわらかい歌声も心地いい。摩耶さんの三線が別世界に連れていってくれる。曲間にウロツテノヤ子の4人によるケチャも聴ける。たった4人でのケチャに驚かされました。小谷野さんは笛や仮面をつけた舞踊と大活躍。さとうのうたはジャワのドラナン・オンデ・オンデで宙に抜ける。最後の曲、安里屋ユンタで盛り上がり終演。アンコールでアレンジを変えて安里屋ユンタを演奏。とてもとても楽しいライヴになりました。お客さんの顔もほんとうに楽しげで幸せそうでした。私自身もとても楽しめました。

出演者の力はもちろんですが、やはり「月見ル君想フ」の雰囲気がいい演奏を演出しているのだと思う。このような機会を与えていただき感謝します。またここで演奏をしたい。代官山にある姉妹店「晴れたら空に豆まいて」のスペースも観てみたい。今後も繋がっていきたいと思います。楽器の搬出で久しぶりにガムランを運んだのですが汗も心地よく感じる一日でした。音楽は心で感じ奏でるものなのですね。

at 23:15│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字