2008年10月22日

19日。青山のtokyo wonder siteに行く。フランスのアニメーション作家Pierre Jean GILOUXの作品「Welcome'S Diams Island」の音が完成しました。今回、はじめてのアニメーション作品ということで、これまでとは異なる音たちが構成されていますが、私らしい‘間’や音のエネルギー感をつくることができました。制作過程はとても新鮮で楽しかったです。

今日は音の締切日になりましたが、ふたりで絵と音を感じて話し合い作品を仕上げていきました。少し音の追加をしましたが、何点か音を磨き素材を用意していたのでその場で構築することができました。ジルーさんは音をとても気に入ってくれたようです。楽しい時間を過ごせました。11月に森山開次さんと津村禮次郎さんとパリで公演しますが観に来てくれるそうです。またパリで会えると嬉しい。この出会いに感謝したい。

10月24~26日に国際展示場のパナソニックセンターTokyo Digital Art Festivalが開催され、作品「Welcome'S Diams Island」が展示されます。ぜひご覧になっていただきたいです。よろしくお願いします。

at 01:55│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字