2008年11月23日

もう1ヶ月以上前のことですが10月8~10日に去年と同じ時期に安曇野に行きました。また去年は目の前で断念した上高地にも行くことができました。ほんとうは9月末に行く予定でしたが、去年、味わった新そばとりんごが忘れられなくて旬の時期に行くことにしました。

朝、車の運転で一気に安曇野に向かい、そば処あさかわでわさびとそばをいただく。新そばの香りがとってもとっても美味しかった。お店の裏にはそば畑が広がる。

7ef8e57e.jpg


92f55cad.jpg


安曇野(街で蛙の鳴き声が聴こえるほど静かなところ)を散歩しようと美術家の千田泰広さんが展示をされた禄山美術館を見に行こうと向かっている途中、長野で暮らし制作に集中している千田さんに電話をしたところ目と鼻の先にいるとのことで落ち合いました。よくよくお話しを聞くと、ここから車で40分の八坂の標高1500mの山奥に暮らしていることで偶然近くにいたそうです。このタイミングしかないといった感じでお逢いできたので嬉しかったです。現在、10年計画で作品を制作されているとのことでほんとうに楽しみです。山奥で暮らしていると耳が解放されるようで雨や虫の音もとても身近に感じられるそうです。いつか遊びに行きたいです。

b6a5a049.jpg


わさび大農園はわさびの収穫後で土台となる砂利をならす音が美しかったです。水はあいかわらず美しい。

bec6d3d8.jpg


83432a92.jpg


次に安曇野アートヒルズミュージアムに行き、若手の作家が制作している釜を覗く。彼ら作品は販売もされていて、作品つくりに没頭できる環境が素晴らしいと思いました。日も暮れかけてきて、りんご農園に間に合わないと少し慌てましたが何とか間に合いシナノスゥィートに会えました。ご主人にりんご畑を案内していただきましたが家の裏が畑なので、一日中りんごとお話ししているそうです。とにかく最高の品種ですので探してみてください。

35aa9eec.jpg


夜は松本に戻り山賊焼きをいただきました。近くにある信州大学の学生さん来るような定食屋さんで量もさることながら美味しかったです。

d2c6064a.jpg


その日はお気に入りの温泉つきホテルに泊まりのんびり過ごし明日の上高地の準備。わくわくします。朝早くに起き朝食をしっかりとって上高地に向かう。山の途中から自家用車の規制があり低公害バスに乗り換え。とってもいいお天気で緑が眩しいぐらい。

82e822ab.jpg


75ebd44e.jpg


今回は登山とまではいきませんでしたが、山のスペシャリストである我が妹にアドバイスやプレゼントをいただき、登山靴からリック、帽子、手袋、マフラー、シャツ、パンツ、下着まで完璧な準備をしていたので喜びも倍増でした。何時間も歩き続けましたが快適に山の空気を浴びることができました。妹に感謝です。次は里山や近場の山を歩きたいと思います。

bd448471.jpg


0485d3c2.jpg


8587402b.jpg


47769977.jpg


fc527f07.jpg


上高地から最終のバスに乗って自分たちの車を預けている駐車場に行くと、バッテリーが上がっていてエンジンがかからない状態でしたが、駐車場を管理している地元のタクシーの運転手さんが待っていてくれて、バッテリー補充して動かすことができました。何とも気持ちいい方たちで人の真心を感じました。嬉しかったです。夕食は去年も食べに行ったお店で2日続けて山賊焼きをいただきパワーをつける。

帰りは高速だと寝てしまうからと一般道路を使って深夜のドライブ。街並みが面白くあっという間に自宅に…安曇野と上高地の空気を感じながら眠る。最高に楽しい旅行になりました。今年もいい音にたくさん出会えました。来年もこの季節に遊びに行きたいです。

at 14:07│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字