2009年02月21日

パリ、ローマ公演から続いていた「森山開次作品集」もとうとう千秋楽。新国立劇場入りしてからはあっという間でした。昨日の公演後、アリオン音楽財団の玉虫さんに「種子田節が聴けた」と言っていただきましたが、作品としてはまだまだという気持ちがありましたのでさらに集中し挑みたい。劇場入りしていつものようにサウンドチェック。毎日、お付き合いしていただいた河田さんと新国立劇場の音響家・吉澤さんに感謝です。サウンドチェックでスピーカーを…舞台を目覚めさせる。私の音はレンジが広いので音を奏でるとスピーカーの鳴りが良くなるのです。

2d74a507.jpg


いよいよ最後の公演。舞台に行く前に森山さんに「昨日は高めたがまだ七割程度なので…」と言うと「では七割五分で」と…。七割五分?「sw」(初心忘るべからず)でね。

森山さんは昨日よりもさらに身体が軽くなりいい感じ。この作品は決して暗いものではない。「翁」は能舞台では年始に演じられるめでたい舞である。私の‘気’を乗せて音を奏でる。初日、二日目の課題だった繊細さを失わずにまたあまり気をてらわず自然に奏でる。いい流れで津村さんが浮かび上がる。マルチトラックの生演奏も音のテクスチャを微妙に感じる余裕を持てるようになる。音が引き過ぎると間延びしていた中間も音と身体が寄り添い離れいい時間軸で後半に向かう。今日は後半がテンポアップして一気に終演に…最後はもう少し聴かせたいと思ったが七割五分ぐらいで終わる。

客席の明かりがつくとプロデューサーの満面の笑みが…一緒に戦ってくれていたんだなと感じ嬉しかった。さとうじゅんこも笠松さんも笑顔。橋爪さんも明日香さんもエラさんも笑顔。皆に見守っていただき感謝したい。また舞台監督をはじめ公演に集中させていただいたスタッフの方々に心から感謝いたします。まだまだ「OKINA」は向上できる作品。また何年後かに三人でやってみたい。そして、皆さまに成長した姿をお見せしたいです。

「弱法師 花想観」「狂ひそうろふ」と作品の完成度はさらにあがり、最終日に三つの作品がひとつになり「森山開次作品集」の公演が花開きました。私も最後に心から楽しめました。作品全体の評価としては厳しいご意見もあるかもしれませんが、コンテンポラリーダンスの枠を乗り越え、6回公演を実現し最後までやり遂げた森山さんは素晴らしいと思います。また素敵な音楽家と繋がったのは幸せでした。今後もご一緒する機会がきっとあると思います。楽しみです。津村さんはさらにパワーアップしていて嬉しかったです。夏が大好きという津村さん。毎年、夏に津村さんが佐渡で能舞台の公演をされているのですが、今年こそは遊びに行こうと思っています。録音の旅にしたいと思います。

新国立劇場は2003年に永谷亜紀さんとの作品「the edge」ではじめて参加させていただきましたが、この時はライブパフォーマンスではなく、私の音をCDで奏でていただきました。同じく2003年に森山開次さんとはじめての作品「弱法師」。この時から客席の後ろでラップトップによるライブ演奏を実現させていただきました。本公演では他に7団体も出演していました。次に2004年に作品「OKINA」。森山さんにとっても私にとっても代表作となりました。この時は3団体が出演。そして2005年の作品「いぶき~奇蹟の大地~」。森山さんも私も苦しみましたがとても学ぶべきことが多かった作品です。この公演ではTaguchiのスピーカーも導入していただき奏でました。他に1団体が出演。そして今回の「森山開次作品集」。ご一緒に地道に積み上げてきた森山さんの単独公演。感慨深いです。この公演に参加でき嬉しかったです。森山さんとは2006年に劇場でも販売していたDVDの作品「KATANA」(N.Y、青山スパイラルホール、名古屋、大阪、広島、札幌)もありますが、またいつか新しい作品をつくりたいです。その日まで自身を高めていきたいと思います。

「森山開次作品集」。多くの方に体感していただき感謝しています。また、皆さんとお会いできるのを心から楽しみにしています。今後も厳しく見守ってください。どうぞよろしくお願いいたします。

c0ff2422.jpg


私はいま3月の発表する新作「百葉窓」の音つくりに集中しています。また、ぜひ音に触れてください。



at 00:05│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字