2009年03月17日

11日。「百葉窓」会場の横浜界隈ZAIMに入らず自宅スタジオで朝まで音つくりに集中する。

12日。会場入り。すでに小林高治さんが音響システムをセッティング。三浦さんと岸本さんの箱庭も着々と進んでいる。

今回のシステムは7.1ch(正確には7.5ch)でスピーカーは合計18台。センタースピーカーのための小さなウファー以外はすべて平面ユニットを使用。極限までスピードにこだわる。いまおそらくこのスピードに勝るシステムはないだろうし、この音のリアリティを体感できるスピーカーはない。田口さんの追い求めている空気感、気配を奏でたい。

マルチトラック作品は会場のシステムで奏でてはじめて音つくりができる。まずオープニングから8分強の楽曲を奏でる。5日のワークインプログレスでサウンドチェックしてから集中して制作した作品。60mmの丸型平面ユニットが8発とリボンツィッターが4発のメインフルレンジスピーカー(2本)。これは音のリアリティを追求した田口さんの最新作。そして縦横250mmの四角の平面ウファーユニット(2本)。

16a7ac80.jpg


まだまだ開発が必要とのことですがこれだけ立ち上がりの早い低域は体感したことがない。この高域、中域のスピードと同時に届く低域。このシステムでしか実現しない作品です。心震えました。マルチの振り分けやボリュームはまだまだですがこの作品をつくってほんとうによかった。これからの音つくりが楽しみです。

今回、さとうじゅんこは前回の「森のサカナ」とは異なりあえて文脈を押さえたマルチトラックの歌作品。小林さんのマジックでさらに磨かれる。同時に奏でる雨音は20面体のアンビエントスピーカー(2本)で奏でることによって箱庭と外の境界線を取り払う。

4b743ca5.jpg


フィールドレコーディングを中心とした中盤から後半にかけての作品。まだ構成もままならないがこのシステムで奏でないとわからない。スピーカーの振り分けもボリュームも質感も…小林さんと音つくりに集中する。明日の本番に間に合うのか…。

at 22:51│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字