2009年05月23日

なかなかblogがupできませんが、現在、新作CDの音つくりに集中しております。楽しみにしていてください。

5月3日。青山のライブハウスの月見ル君想フに、さとうじゅんこが参加しているtaikuh jikang&ウロツテノヤ子のライブを聴きに行きました。月見ル君想フは去年、フィンランドのOddarrang来日公演にて「種子田郷×さとうじゅんこ」のデュオで参加させていただきました。店長の朝河さんをはじめ音響家、照明家、スタッフの方々があたたかい雰囲気をつくりだしとてもいいスペースです。音響システムもTaguchiが電源やケーブル類を担当し都内でも一番いい音のライブハウスとして有名です。

taikuh jikang&ウロツテノヤ子のセッティング。月が輝く。

dc62d615.jpg


taikuh jikang&ウロツテノヤ子はガムラン/パーカショニスト奏者の川村亘平さんのソロユニットで、インドネシアを中心に西はアフリカ、東は日本と繋がる海のシルクロードを繋ぐ音楽を探す旅…。今回はバリ舞踊を中心にコンテンポラリーダンスで活躍している大西由希子さんが参加。

6c900ed5.jpg


a5137e08.jpg


ヴォイス・パフォーマーに徳久ウィリアムさんとさとうじゅんこのヴォーカル。

2bf6dee2.jpg


ヴァイオリンは新井ごうさん。

962f77a1.jpg


バリガムランバンドのウロツテノヤ子が参加。

7d807d2e.jpg


さとうじゅんこの圧倒的な存在感にも驚きましたが、これからがとても楽しみなバンドです。5月9日は六本木のSuperDeluxeでも公演を終えました。次回は7月上旬にライヴの予定だそうです。また聴きに行きたいと思います。皆さんもぜひ聴きに行きましょう。

fc0f7616.jpg




at 15:45│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字