2009年05月24日

22日。両国のシアターXに、森山開次さんのパリ・ローマ公演でお世話になった名取事務所プロデュースの「別役実 海外交流シリーズ」の第1弾「病気」を観に行きました。

dc1455ec.jpg


演劇にはあまり縁がありませんでしたが、名取さんに出会って演劇の舞台に触れる機会を多々与えていただき感謝しています。音楽ではなく会話で時間軸を構成していくさまは見事であり勉強になります。作品は演出の力もあると思うのですが、喜劇を観ているようでしたが徐々に不条理な世界に引き込まれてしまいとても面白かったです。いろんなものから学ぶものはあります。




at 18:47│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字