2009年07月27日

21日。初台にあるオペラシティのリサイタルホールへ、音響デザイナーの小林高治さんとデザイナーの三浦秀彦さんと視察に行きました。10月に予定しているアンサンブル・ノマドの公演に、TaguchiとON-COOにご協力いただき音響システムを導入させていただきます。

アンサンブル・ノマドの花田さんや、会場の関係者やスタッフにも参加していただき、さっそくホワイエや会場となるホールを拝見させていただく。ホワイエは音と空間デザインで、どのようにお客さまを入り口から会場に導くか…。

254b2917.jpg


ホールは限られたスペースのなかで、シンプルにプラニングしどれだけ豊かな音場をつくりだせるかです。手を叩いて響きを感じる。残響はお客さまが入った状態で1.2秒とのことですが、お客さまがいないと割とバウンドがある。作品でプラニングも変わってきますがほんとうに楽しみです。

582d3d96.jpg


今日は時間を取っていただき感謝です。今後の作品つくりのためにもとても充実した時間になりました。



at 23:03│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字