2009年12月31日

15日。目黒のTYOに行く。18~20日に京都造形芸術大学で開催される世界アーティストサミット京都に参加するPEACE SHADOW -project-のIntroduction movieの音楽を担当することになり打合わせでした。世界アーティストサミット京都は「世界が直面する深刻な問題に対し、アート・デザインの想像・創造力によって解決策を提案し、発信する」というミッションを掲げながら今年で3回目を迎えます。現代アート作家の宮島達夫さんを中心に始まりました。今回、PEACE SHADOW -project-は宮島さんと共同で「非核(原子爆弾反対)」をテーマとしたインスタレーション作品を制作することが決定しました。そこで会場のインスタレーションと並行し、Introduction movie(映像作品)を上映することになりました。

本日は博報堂のコピーライターの大八木翼さん、同じく博報堂のデザイナーの長嶋りかこさん、そして、映像作家の竹内スグルさん、TYOの谷ヶ崎さんが参加。竹内さんとは4年前にダンサーの森山開次さんと新国立劇場で作品「いぶき~奇蹟の大地~」のリハーサルをしているのを見ていただきはじめてお会いしたのですが、その時の音をずっと覚えていてくれてこのプロジェクトに声をかけていただきました。いつかご一緒しましょうと言っていましたが…ほんとうに嬉しいです。ひさしぶりにお会いしましたが、身体全体でエネルギーを発していてこちらも元気にさせてくれる空気感をもっている方です。またお会いできてご一緒できたこと感謝いたします。

事前にプロデューサーのTYOの浜谷英輝さんからお話しを聞いていましたが、あらためて、皆さんからプロジェクトのお話しを聞く。それぞれが大きな展望を持ちそれがぜんぜん可能だという姿勢。好きです。とても前向きで素敵な方々です。このプロジェクトは「影」が象徴的なものになるのですが、私も広島の原爆ドームを夜な夜な見に行き感じていました。このような機会で皆さんとご一緒できるのが幸せです。いつもの調子で熱く語ってしまいましたが、皆さん真剣に耳を傾けてくれました。私もこのプロジェクトの向かうところに音でさらにエネルギーを高めていきたいと思います。

84dd14ae.jpg


17日。私は自宅スタジオで、竹内さんを含めプロジェクトの皆さんは映像のスタジオで同時に最終の作品つくり。大八木さんの素晴らしいコピーを感じて、音楽はシンプルに構成する。竹内さんの映像もシンプルで作品全体が静かで力強い作品となる。限られた時間のなかだったので、竹内さんと一度、構成を壊すなどのキャッチボールができなかったのが残念でしたが、今後さらに作品を高められればと思います。とても楽しい時を共有できました。

21日。赤坂の博報堂で博報堂の大倉誠一さんとTYOの浜谷英輝さんと近日公開予定のPEACE SHADOW -project-のWEBサイトの打合せ。1月末に本格的に始動しますが、その前にプロジェクトの紹介のサイトをUPすることになりました。現在、大倉さんとご一緒に作品つくりの真っ最中です。WEBはCD作品や舞台作品のような時間軸ではありませんのでとても勉強になっています。来年1月4日に公開予定です。楽しみにしていてください。

at 22:52│コメント(1)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by stoneriver   2010年01月08日 17:28
あけましておめでとうございます。
メールありがとうございます。
順調に活動されているようで何よりです。
光SCもずいぶん変わったみたいですね。
残念ながらliveを見に行くことはできそうもありませんが、落ち着いたら必ず伺いますのでその時はよろしくお願いします。
では、また。
http://stoneriver-ip-lawyer.blogspot.com/

コメントする

名前
 
  絵文字