2010年01月22日

8日。翌日、恵比寿にあるMA2Galleryにて開催される「五感のおもてなし」で発表するサウンドインスタレーション作品のためにサウンドシステムのセッティング。シンフォキャンパスシステムで開発された20cm~150cmのREXスピーカーを8本持ち込ませていただき、建築家・千葉学氏の設計した空間で音の気配、空気感を奏でるためにそれぞれ異なる高さのREXを試して音場を感じる。結局、床には120cmと30cmのREXスピーカーを2本。

209091a9.jpg


1Fから2Fの吹き抜けの壁に20cmのバーチ材のREXスピーカー2本を、小林さんに手伝っていただきセッティング。壁や窓の微妙な反射を考え角度を決めていく。とても面白い音場をつくることができました。

f3ce24d1.jpg


abe28414.jpg


はじめて、MA2Galleryに伺った時にこの吹き抜けの響きに魅せられ、今回の音響プランを考えていましたが、やはり、会場で音を奏でてはじめてわかる。1Fでは密やかな電子音を中心に奏で、2Fではファイールドレコーディングで耳をすまし感じた音たちを微かに奏でようと…。明日の展示までにさとうじゅんことさらに音を磨き構成したと思います。明日が待ち遠しいです。

at 00:26│コメント(0)トラックバック(0)go taneda │

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字